「島耕作に知る 「いい人」をやめる男の成功哲学」弘兼 憲史

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

島耕作に知る 「いい人」をやめる男の成功哲学 (講談社+α文庫)

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■世の中には、
 「いい人」と「自分勝手な人」
 がいます。


 個人としては
 「自分勝手な人」が
 近くにいると困ります。


 でも、何かをなす人、
 面白い人は
 「自分勝手な人」なのです。


・サラリーマンは仕事を通して成長する・・
 「いい人」にはこの基本が
 わかっていない(p147)


■「いい人」は人間関係を
 重視する人なのでしょう。


 もちろん組織の中の調和が
 維持されるのは良いことです。


 ただし、
 組織の成果につながらなければ、
 本末転倒です。


 また、
 個人として後悔することがあるとすれば、
 何か足りないところが
 あるのかもしれません。


・他人に好かれても、
 自分に嫌われる「いい人」(p20)


■もし、あなたが「いい人」で
 あったのなら、一つくらい
 こだわってみてはどうでしょうか。


 「これだけは、譲れないんだ」
 というものが一つくらいあっても
 良いのではないでしょうか。


 弘兼さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ギリギリのところで
 利用されやすいのも
 「いい人」の特徴だろう(p58)


・自分の中に「いい人」でない
 誰かがいる(p69)


・会社を辞める覚悟や
 出世など望まない決心があるなら
 常に「NO」という選択肢もあり得る(p137)


・バカと思われるのは気楽なことだ・・
 誰もがバカになれるわけではない・・
 能力のない男は利口ぶることはできても
 バカにはなれない(p110)


・嬉しかったら笑い、
 腹が立ったら怒り、
 悲しかったら泣いたところで、
 その人のほんとうの姿は
 他人にはわからない(p242)


・誤解されたとき・・
 「信じていてくれていると思っていたけど、
 どうも違うようだな

 これだけでいい(p108)


島耕作に知る 「いい人」をやめる男の成功哲学 (講談社+α文庫)
弘兼 憲史
講談社
売り上げランキング: 313,448

【私の評価】★★★☆☆(70点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章 「いい人」の人生はなぜつまらないのか
第2章 人生は「70パーセント」で乗り切れ
第3章 「悪い人」の人生はおもしろい
第4章 「いい人」ばかりの集団から飛び出せ
第5章 好きなことをやりながら「人望力」を育てる
第6章 「悪い社員」には力がある



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む