「トヨタで学んだ自分を変える時短術」原マサヒコ

| このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタで学んだ自分を変えるすごい時短術

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■トヨタで著者が学んだ
 トヨタ流ライフハック仕事術です。


 いかに効率的に
 成果を出していくのか。


 そのために
 細かいカイゼンを積み重ね
 有効な時間を増やし、
 ムダを減らしていきます。


 ちょっとした動作も、
 パソコンの短縮キー入力も
 見過ごすことなく積み重ねるのが
 トヨタ流なのですね。


・エレベーターに乗って3階にいくとします・・
 私はいつも、乗ってすぐに
 「閉」ボタンを押します。
 そしてドアが閉まっている間に
 行き先階ボタンを押しています(p45)


■トヨタには知恵を出す人だけに
 通じる名言が数多くあります。


 問題を見える化する。


 現場は見たのか?


 ゼロを1つ取って考えろ


 どうすればできるか
 一緒に考えよう。


 反対するなら
 代案を出せ


 トヨタは考えない人を
 考える人に変えてくれる
 職場だと思います。


・トヨタには
 「代案もないのに反対するんじゃない
 という言葉があります(p146)


■本書の最後は、
 「仕事と家族とどっちが大事なの」
 という問いで締めくくります。


 もちろん、仕事をするのは、
 家族と豊かな人生を送るためですから、
 大切なのは家族です。


 原さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「これをやる目的はなんだっけ?
 「この作業、なんのためにやっているんだっけ?」
 と、先輩に問われることが
 よくあります(p14)


・極論をいえば「創造的でない仕事」は
 すべて自動で行われるべきです(p54)


・私自身が実際に多能工として
 働いてみて感じたこととして
 「仕事への情熱を維持できる」
 という効能がありました(p65)


・何か問題にぶつかるたびに
 「どうしたらできるかを考えろ」
 と何度もいわれていました(p68)


・トヨタの現場では、従業員個人の
 毎日の仕事が徹底的に「見える化
 されていました(p106)


・多くの上司はもれなく
 「自分でやったほうが速い」と思っています・・
 信頼される部下というのは、
 「正確性を重視する人」ではなく、
 「速く動く人」であるといえます(p127)


トヨタで学んだ自分を変えるすごい時短術
原マサヒコ
かんき出版
売り上げランキング: 19,647

【私の評価】★★★☆☆(79点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章 あなたの仕事を劇的に速くするトヨタの5つの言葉
第2章 時短を加速する「カイゼンマインド」とは?
第3章 誰でもマネできるトヨタの現場の時短術
第4章 圧倒的な時短を実現するトヨタの問題解決
第5章 短時間でチーム全体の生産性を上げるトヨタの仕組みとは?



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)