「完全決定版 誰でもビジネス書の著者になれる!出版の教科書」松尾 昭仁

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

完全決定版 誰でもビジネス書の著者になれる!  出版の教科書

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■23冊もの商業出版を成功させている
 著者による出版講座です。


 なかには自費出版を勧める
 出版社もあるようですが、
 王道は商業出版です。


 ノーリスクの商業出版を
 成功させるためには
 何から始めればよいのでしょうか。


・商業出版は、顧客を獲得するための
 販売促進ツールになります(p48)


■まず、だれもが本を書くテーマを
 持っていることを知ることです。


 著者が業界ナンバーワンで
 ある必要はありません。


 たとえ中くらいのレベルであっても
 初期レベルの人は
 その話を聞きたいのです。


 それぞれのレベルにおいて
 自分の体験・経験がネタとなり、
 それを求めている人がいるのです。


・「挫折」の経験が
 本のテーマになる(p21)


■基本を押さえた
 教科書的な一冊でした。


 だれもが出版できるということが
 理解できると思います。


 松尾さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・売れている類書を探せ、違いは何か?
 2匹目のどじょうを狙え!(p181)


・見本原稿を書くときは、
 必ず著者独自のエピソードを入れましょう・・・
 著者の経験談を踏まえていなければ
 説得力がありません(p199)


・ひと味違うプロフィールをつくるために、
 まずは自分のルーツまでさかのぼって、
 経歴を棚卸ししてみましょう(p113)


・「本を出した」と聞くと、
 一般の人は「この人はすごい!」
 と勝手に思い込んでしまうのです(p42)


・「誰が何を教えるか」をタイトルにする・・
 タイトルをひと目でわかるようにする・・(p166)


・本を売るにはスタートダッシュが大事。
 ビジネス書のジャンルでは、
 新刊書籍として平積みされやすい
 発売後2週間が勝負と言われています(p205)


完全決定版 誰でもビジネス書の著者になれる!  出版の教科書
松尾 昭仁
秀和システム
売り上げランキング: 3,101

【私の評価】★★★☆☆(73点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章 誰にでもビジネス書の著者になれるチャンスはある
第2章 ビジネス書の出版で、あなたの人生は大きく変化する
第3章 ちょっとしたコツであなたもビジネス書の著者になれる
第4章 あなたの中に眠っている本のネタを探せ
第5章 ビジネス書を出版するために押さえておきたいこと
第6章 「出版企画書」編集者はここを見ている
第7章 書いた本を売るために大切なこと
第8章 商業出版への近道、回り道
【スペシャルコラム】〈編集者が語る〉僕たちはこんな著者を求めています!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む