「悔いのない人生 死に方から生き方を学ぶ「死生学」」齋藤 孝

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

悔いのない人生 死に方から生き方を学ぶ「死生学」 (SB新書)

【私の評価】★★★★☆(82点)


■明治大学文学部教授の齋藤 孝さんが、
 「死」について考えるために

 吉田松陰の「留魂録」、
 肥前国佐賀鍋島藩士・山本常朝の『葉隠』、
 貝原益軒の『養生訓』
 正岡子規の『病床六尺』、
 堀辰雄の『風たちぬ』
 V・E・フランクルの『夜と霧』、
 学徒兵の遺書を集めた『きけわだつみのこえ』
 西郷隆盛の『西郷南洲遺訓』
 宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』
 日本最古の歴史書『古事記』

 の10冊を読み解きます。


・「養生訓」巻第二の三十一
 「何事も、自分の力量を知って行いなさい」。
 このあとには、自分の力の及ばないところで
 無理をすると、消耗して病気になるという
 一節が続きます(p94)


■こうした本を読んでみると、昔から
 「いかに生きていくのか」
 考えてきたことがわかります。


 いかに死ぬときに
 後悔しないように生きるのか。


 そのためには、
 生きているときから、
 最後の瞬間を考えておくことが
 大事になります。


 つまり、
 「生」を考えるために
 「死」を考えるのです。


・いつ死んでもいいという意識を持って日々、
 ちゃんと暮らす。しっかり仕事しよう、
 しっかり子育てしよう、しっかり生きよう
 とする日常の意識のことを(山本)常朝
 (じょうちょう)は説いていたのです(p62)


■平均寿命が80歳以上となり、
 死と向き合うことが少なくなった
 今だからこそ読むべき本だと思いました。


 こうした本を読んで、
 この人生で何をなすのか、
 どう生きるのか、
 時々考えたいですね。


 齋藤さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「二十一回猛士」とは、松陰が好んで使った号です。
 死ぬまでに二十一回行動を全力で起こすという
 決意を込めて名乗っていたといいます(p19)


・松陰は失敗を挫折とは考えていませんでした。
 失敗を必要以上に恐れて何もしないのであれば、
 失敗するリスクを冒してでも行動したほうがいい
 と考えていました(p26)


・「死ぬ気で生きろ」と言っている人物が一方で、
 「この世はしょせん一種のからくり人形の世界だ」
 と言う。(p73)


・世間で最も大切だと早合点している
 財産だけは全く不用で、それよりもっと
 大切なのは、一生涯絶えざる、精進向上の気概、
 努力奮闘の精進であって、これをその
 生活習慣の中に十分染み込ませることである
 本多静六『私の財産告白』(p166)


・以前、テレビの収録で・・・所さんが
 「あんまり先のことを考えるやつは
 俺はバカだと思うよ」と言っていました(p188)


悔いのない人生 死に方から生き方を学ぶ「死生学」 (SB新書)
齋藤 孝
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 70,229

【私の評価】★★★★☆(82点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

はじめに 〈死〉を考えることが最大の自己変革につながる理由
第1章 死の孤独と距離を置く
第2章 悔いのない最期を迎える
第3章 老いと上手に付き合う
第4章 病とともに生きる
第5章 その瞬間まで精神を保つ
第6章 遺してゆく人々のために
第7章 死者の魂に思いを馳せる




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む