「3日でわかるローマ帝国」阪本 浩

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

3日でわかるローマ帝国 (知性のBasicシリーズ)

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■500年もの間、ヨーロッパを支配した
 古代ローマとは何だったのでしょうか。


 軍事力で周辺地域を攻略し、
 どのように支配したのでしょうか。


 そうした疑問を持ちながら
 読み始めました。


重装歩兵とは、ブロンズのヘルメット、
 胸甲、脛当てで完全武装し、ブロンズ貼りの
 直径約90cmの丸盾と槍を持つ歩兵である(p26)


■興味深いのは、
 古代ローマの崩壊の原因が、
 異民族の侵入だったということです。


 周辺の勢力が
 ローマを怖れているうちは、
 ローマは攻撃されることが少なかった。


 それに対して、
 平和的な政策を行うようになって
 短期的には平和が続きましたが、
 長期的には異民族の侵入が増えたのです。


・後継者ハドリアヌスは帝国が拡大しすぎたと考え、
 守勢に立つことにした・・短期的に見れば
 平和が維持されたが、長期的に見れば、
 攻撃的な帝国が守勢に回ったことで、
 実は弱体化したのではないか、という
 印象を異民族に与えてしまった
・・(p175)


■古代ローマにおいて
 イエス・キリストに語りかけ
 キリスト教が生まれているのも
 興味深い。


 いかに偉大な帝国であっても、
 時とともに環境が変化し、
 いずれは崩壊するということも
 わかりました。


 阪本さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・重装歩兵が3列に編成される。
 若い者が第1列(ハスタティ)、
 20代後半から30代前半が第2列
 (プリンキペス)、これが主力である。
 年長者は第3列(トリアティ)(p50)


・死傷者数については、一方的であることが多い。
 勝者側の損害は5パーセント程度と少なく、
 敗者側は半数以上が死傷するという
 大打撃を受けるのが一般的であった(p52)


帝国は、絶対に侵入を許さない
 戦闘では絶対に負けない、という印象を、
 ゲルマン人に常に与えていなければならない・・
 攻撃的な野戦軍、そのイメージが
 属州への侵入を抑止していたのである(p169)


・農民が槍を持たなくなった時から、
 崩壊へのプロセスが始まった・・
 農民=市民は武装解除されて
 「平和」の中で非軍事化し、
 無関心な大衆となっていた(p213)


3日でわかるローマ帝国 (知性のBasicシリーズ)
阪本 浩
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1,147,143

【私の評価】★★★☆☆(75点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章 王政から共和政へ、初期ローマの変遷―古代ローマはどう興り、どう強くなっていったのか?
第2章 鋤と槍‐共和政を支えた人々―農民の軍隊はどのように戦ったのだろうか。
第3章 ローマの拡大‐世界帝国への道―なぜ、帝国になるまで、戦い続けたのだろう。
第4章 共和政の危機―巨大な「帝国」に合うシステムを求めて改革が始まる
第5章 元首政―オクタウィアヌスが作り上げた新体制とは?
第6章 元首政の主役たち―皇帝とその周辺で活躍・暗躍した人々の実相は?
第7章 ローマの平和―ほんとうに「人類史上最も幸福な時代」だったのか?
第8章 3世紀の危機―ローマ帝国は滅亡をどう先送りしたのか?
終章 後期ローマ帝国―そして、帝国は滅亡の時を迎えた




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む