「大富豪の起業術」マイケル・マスターソン

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

大富豪の起業術

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■年商10億円以上の企業を
 十数社も保有するという
 マスターソンの起業術です。


 起業家というよりも
 起業中毒のように感じました。


 この本では、
 企業の成長段階に合わせた
 注意すべき点を教えてくれます。


・幼少期、年商0~1億円
 少年期 年商1~10億円
 青年期 年商10~50億円
 成人期 年商50~100、200億円(p15)


■まず、最初にすべきことは、
 売る商品と買ってくれる顧客を
 作る
ことです。


 フロントエンド商品で見込み客を集め、
 バックエンド商品を売っていきます。


 マーケティングにおいては、
 短い周期でキャッチコピー、
 メディアへの広告などを
 テストします。


 スピードが利益となるのです。


・事業を成り立たせるために
 まず必要なのはコンピュータではない。
 オフィスや机でもない。
 顧客なのだ(p79)


■企業が大きくなってくれば、
 人を雇い、組織を作っていく
 必要があります。


 だんだんと仕事を人に任せ、
 あなたが引退する時が
 近づいてきました。


 そしてマスターソンさんは
 次の事業に取り組みはじめるのです。


 マスターソンさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ビジネスについて学ぶ方法は大きく2つある。
 まずはセミナーや講座を受講したり、
 本を読むこと・・もう1つの方法は、
 実際に事業をしている人から個人的に話を聞き、
 直接的なアドバイスをもらうことである(p171)


・OSS(最適販売戦略)・・
 ・ほかにどのような商品を売ればいいか?
 ・価格を下げるにはどうすればいいか?
 ・どうすればキャッチコピーをより魅力的にできるか?
 ・ほかにどのメディアで広告すべきか?(p114)


・フロントエンド販売の目的は
 新規顧客の獲得、
 バックエンド販売の目的は
 利益を生むこと。(p210)


・顧客が特定の商品を買う可能性は、 
 その商品の必要性と反比例する・・
 商品の必要性が低ければ低いほど、
 顧客がそれを買う可能性は高くなる(p348)


・新商品をまず既存の顧客にテスト販売する
 という選択肢は、どの事業にもあるわけではない。
 しかし、もしできるのならやるべきだ。
 早くて、安全で、儲かる。(p248)


・各マネージャーが報告しなければならない
 数字を、毎月3種類に絞る。・・
 目標にどれだけ近づいたかを
 最もよく表す3つの数字である(p403)


・社内の政治的駆け引きは、会社を破滅させる癌だ・・
 個人的な計略、えこひいき、愚痴、不満、
 中傷は有害な行為である・・
 会社の収益に損害を与えてまで権力を手に
 入れようとするマネージャーに注意しよう(p463)


大富豪の起業術
大富豪の起業術
posted with amazlet at 16.08.16


売り上げランキング: 284,383

【私の評価】★★★☆☆(77点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

PART1 自分の可能性に挑戦する
PART2 ステージ1 幼児期
PART3 ステージ2 少年期
PART4 ステージ3 青年期
PART5 ステージ4 成人期



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む