「「リスト・ビジネスの教科書」 世界一堅実に10億円稼げるネットマーケ最強のビジネスモデル」メアリエレン・トレビー

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

「リスト・ビジネスの教科書」 世界一堅実に10億円稼げるネットマーケ最強のビジネスモデル

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■リスト・ビジネスとは、
 顧客リストにメルマガで情報を提供し、
 収益化するものです。


 形としては、
 専門家チームを作る形、
 一人でやる形、
 情報提供だけに集中する形の
 3つがあります。


 継続的に情報提供する
 仕組みを考えるわけですね。


・マガジン・モデルのベスト3
  ・専門家パネル(専門家の顔ぶれ)
  ・単独カリスマ
  ・無名モデル(p45)


■リスト・ビジネスでまずやることは、
 あまりお金をかけずに
 1000人の顧客
を見つけることです。


 やり方としては、
 無償で何かを提供することで、
 名前とメールアドレスを集める
 ランディングページを作成する。


 無償提供するのは、
 想定顧客がほしがる情報が書かれた
 無料レポート、動画
などが良いでしょう。


・働く母親をターゲットにするブログに
 記事を掲載している場合、時間管理についての
 無料の電子書籍がリード・マグネットとして
 考えられる(p155)


■1000人の顧客を確保したら、
 その顧客から得られる収益を使って、
 さらに顧客を拡大していきます。


 SNSで顧客の"いいね!"をもらったり、
 収益で広告を打つ。
 相互広告も効果的。


 "わらしべ長者"方式で
 リストを拡大していくのです。


 ビジネスモデル化してますね。


 トレビーさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「どのような人々を市場にするのか?」・・
 ワーキング・マムズ・オンリーの場合、
 市場は働く母親たちだ(p25)


・直接競合者がいる場合、 
 その相手を脅威と見なすのではなく、
 自分のインボックス・マガジンの
 パネリスト、あるいは
 ジョイントベンチャーの
 パートナーの一人として想定する(p40)


・部分配信よりも、完全版をおススメする・・
 購読者は部分配信にかなり苛立っていた(p73)


・手続きの簡単なシングルオプトインを個人的には
 お勧めする。充実したコンテンツを提供し、
 常に登録解除ボタンを表示するようにすれば、
 迷惑メールの問題は軽減できる(p81)


・質の高いコンテンツを提供することだけを意識する。
 そのうえで、収益最適化のために、
 広告をいくつ入れるかをテストすべきだ(p197)


・インボックス・マガジンの収益化法は、
 定額料金とインプレッション単価の2つである。
 購読者数が4万人になるまでは
 定額料金の設定になるだろう(p211)


・毎日確認する必要のある重要な指標がある・・
 ・現金(現金レポート)
 ・購読者数(購読者登録/解除日次レポート)
 ・マーケティング活動の結果(p239)


・広告文案の作成を完全に外注に出してはいけない・・
 才能あるコピーライターを見つけたら、
 どんなことがあっても手放してはならない(p267)


「リスト・ビジネスの教科書」 世界一堅実に10億円稼げるネットマーケ最強のビジネスモデル
メアリエレン・トレビー
ダイレクト出版
売り上げランキング: 35,201

【私の評価】★★★☆☆(78点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

INTRODUCTION 起業は面白い
Part1 市場と理由 効果的なリスト作り
Part2 事業分析 何に集中すべきか
Part3 製品作り コンテンツの作成を容易にする秘訣
Part4 購読者基盤の確立 1000人のリードを獲得する詳細プラン
Part5 本格始動 顧客リストを着実にお金に替えていく
Part6 大か小か 会社を成長軌道に乗せる
EPILOGUE 血と汗と涙の結晶




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む