「アイリスオーヤマ一目瞭然の経営術」三田村 蕗子

| コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加

アイリスオーヤマ一目瞭然の経営術

【私の評価】★★★★☆(83点)


■アイリスオーヤマというと
 地元仙台の大企業というイメージですが、
 元は大阪でプラスチック成形業を
 営む小さな町工場でした。


 オイルショック時に一時事業を縮小し、
 仙台工場から事業を
 拡大してきたのです。


 その事業拡大のポイントは
 製造下請けという業態から
 商品開発から配送まで行う業態に
 移行したことです。


 アイリスオーヤマで有名なのは
 その商品開発力のスピードですね。


・アイリスオーヤマが年間に開発する
 商品は実に1000アイテム以上・・
 総売上高に占める新製品の割合は
 59%にもおよぶ(2011年度)(p47)


■さらに隠れた強さの秘密は、
 スピードと透明性にありました。


 スピードについては、
 即断即決の営業マン。


 そして、製品を翌日出荷できる
 納品のスピードです。


 透明性については、
 商品一つひとつの原価を透明化し、
 経営判断を支えているのです。


・通常照明業界では受注から納品までの
 リードタイムは30~45日だが、
 アイリスオーヤマは「翌日出荷」できる
 生産量と在庫保有能力を備えている(p42)


■スピードと管理会計。
 京セラの本を読んでいるように
 感じました。


 うまくいっている会社は
 似てくるのでしょうか。


 三田村さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・部品調達から販売計画まで、
 一人が責任を持って開発を行う(p86)


・「とにかく即断即決ですね・・・
 アイリスオーヤマの営業マンは
 『すぐやります』
 とその場で宣言しちゃう・・
 本社の意向を聞かずにですよ。
 で、その後に動く。あれはすごい(p120)


・商品が100あれば、100それぞれの利益を
 個別に把握できるよう個別原価管理を
 実施している(p146)


・小売業チェーンからの売り上げが一定以上の
 ボリュームになった場合、利益を他に配分せずに、
 当該のチェーンに還元すべきというのが
 アイリスオーヤマのスタンス。・・
 コストを明確にし、営業マン一人に月いくら
 かかるかをすべてオープン
にしている(p117)


・工場はどれも、インターチェンジ近くの
 交通の便のよい場所にあり、取り引きのある
 小売店に日帰り配送できるよう、
 半径300キロメートル圏内の場所に立地(p124)


・工場稼働率の上限は70%。・・・
 稼働率が65%を超えて恒常的に
 70%を上回るようであれば、
 それは追加投資のシグナル
だ。・・・
 70%を超えて操業させれば、
 繁忙期には供給が間に合わなくなる。
 「予測は5割前後振れるもの」というのは
 大山社長の経験からくる持論である(p127)


・当社は保守契約が大嫌い。・・
 コピーもファクスもリースではなく購入しています。
 保守契約の費用はイニシャルの10%程度。
 スポット保守は高いので、コスト的には
 保守契約した方が安いかもしれません。
 しかし、社内にデータやノウハウを蓄積できるという
 メリットは捨てがたいのです(p133)


・信用調査会社と提携して取引先である
 ホームセンターの与信調査も
 独自に行っている(p133)


アイリスオーヤマ一目瞭然の経営術
三田村 蕗子
東洋経済新報社
売り上げランキング: 111,234

【私の評価】★★★★☆(83点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第1章 LED革命
第2章 高シェア・高収益を生み出す商品開発力
第3章 メーカーベンダーイノベーション
第4章 マネジメントマジック
第5章 巨大市場を押さえろ
第6章 新しいフィールドへ




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(1)

自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。安いからと泣き寝入りです。

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む