「媚びないリーダーは人を動かす」早川 勝、小澤千春

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

媚びないリーダーは人を動かす

【私の評価】★★★★☆(86点)


■保険業界で媚びないリーダーとして
 成果を出してきた早川さんの一冊です。


 早川さんは、部下と媚びずに
 コミュニケーションしながら
 業績をあげてきました。


 その部下との壁を取り払う
 方法論が面白い。


・媚びて叱れない・・リーダー・・
 恫喝するアングリー・リーダーや
 敵意を秘めたジェラシーリーダーの
 根っこは共通している。どちらも
 部下のことを考えた行動ではない・・(p147)


■部下と腹を割って話すには、
 目線を合わせ、共感し、意識のギャップを
 埋めることが必要です。


 そのために相手の感情を
 振り回す技術を使います。


 それは、共感したと思ったら、
 いきなり攻撃的になり、
 冷徹になったと思ったら、
 前向きに転換する
という変幻自在の対応です。


 これを迫真の演技で行うことで、
 自分のいろいろな面を表に出して
 部下との壁を壊すのです。


・部下と目線を合わせる、とか、
 部下の気持ちに共感する、といった
 「ギャップを埋める」ところから
 スタートする感覚に近い(p165)


■もしかして、
 ものすごい方法なのかもしれない!
 と感じました。


 職場で小さく実験してみたいと
 思います。


 早川さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・チームを成功に導けるかどうかは、
 集団行動の特性を見極めた上で適切な
 コミュニケーションを取り、
 人間関係をいかに正しく動かすかに
 かかっている(p7)


・あなたの足を引っ張り、敵対し、裏切り、
 問題を起こし、悪運を運んでくる
 人間関係は断たなければならない(p8)


・目配り気配り心配りの達人であり、
 よくチームメンバー一人ひとりを
 観察している(p30)


・部下の意見を取りまとめた重要な
 決定事項であったとしても、
 他部署の反対意見や抵抗勢力からの圧力に屈して、
 簡単に折れてしまう狡さ・・
 それがある種の背信行為(p35)


・「本物のあなた」だけで生きているのなら、
 何も悩むことなどなく、あなたが目指している
 ゴールに向かってまっしぐらなはずだ(p89)


・媚びて叱れない理由は、「恐れ」からきている。
 部下に「嫌われたくない」という恐れである。
 反抗されたくない。拒絶が怖いのである(p147)


・媚びて叱れないリーダーは、かえって部下を
 不幸にするのだということを自覚してほしい。
 その行為は優しくもなんともないのである(p148)


・叱る基準は常に、「相手のためになるか」
 「チームのためになるか」である(p148)


媚びないリーダーは人を動かす
早川 勝 小澤千春
ぱる出版
売り上げランキング: 473,241

【私の評価】★★★★☆(86点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第1章 媚びないリーダーになる!感情レベルの7段階
第2章 媚びない感情レベルを上げる生き方
第3章 媚びない感情レベルを上げる技術




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む