「「衝動買い」が止まらない!」金子 哲雄

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

「衝動買い」が止まらない!

【私の評価】★★★★☆(82点)


■「流通ジャーナリスト」として
 テレビでおなじみだった
 金子 哲雄さん。


 4年前、41歳で
 肺の病気で急逝されました。


 この本は、最後の原稿を
 まとめたマーケッティング本と
 なっています。


・日本では江戸の昔から
 「うなぎ屋は煙を食わせる
 といわれています(p48)


■物が売れないと言われる日本で、
 いかに商品を売るのか。


 物がいきわたっている現在、
 良いものを出せば
 売れるわけではないのです。


 思わず買ってしまった、
 という感じでないと、
 人は買わないのですね。


・テレビ通販などでは、
 盛んに「限定○○個限り」など、
 視聴者の焦燥感と購買意欲を
 あおる言葉を連発しています(p42)


■現代は、売れる仕掛け
 必要なのだと思いました。


 会社としてそうした仕組みを
 持っていると強いのですね。


 金子さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・調査会社によると、現代の日本は
 計画的でない購買、つまり非計画購買が、
 消費者の購買活動の70%以上を占めている
 という調査結果が出ています(p12)


・私の持論 「人間は、元来、怠け者である。
 考える必要のない状況に置かれることを
 望んでいる。


・3万円のデジカメを売るよりも、
 1000円のコードを売った方が、
 利益が上がることもあるとか(p31)


・ハーレーダビッドソンを購入する人は、
 間違いなく「ハーレーの似合う人」
 になろうと努力します。
 人がバイクを選ぶのではなく、
 バイクが人を選ぶのです(p32)


・ドン・キホーテの例
 細かな接客も少なく、
 顧客への商品情報提示は「POP頼み」(p65)


・商品関連の陳列
  ビールとポテトチップス
  ワインとチーズ
  ノートパソコンとパソコンケース
  デジカメとUSBコード(p92)


・AKB総選挙
 「(いろいろ批判はあるかもしれませんが)
 私にとって、票数は"愛"です」(p124)


「衝動買い」が止まらない!
金子 哲雄 「商業界」編集部
商業界
売り上げランキング: 290,536

【私の評価】★★★★☆(82点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

はじめに―「需要創造」こそが不況脱出の鍵となる
序章・現代の買物は7割が衝動買い
第2章・需要を創造する売場をつくる
第3章・衝動買いマネジメントの上級店に学ぶ
第4章・需要創造マネジメントCASE STUDY
編集部あとがき―金子哲雄氏からのメッセージ―




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む