「ルーズヴェルト・ゲーム」池井戸 潤

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■ルーズベルトゲームとは、
 米国フランクリン・ルーズベルト大統領が、
 もっともおもしろいといった8対7の試合です。


 この本では、会社の業績が不振の
 社会人野球チームを通じて
 会社とは何なのか、経営とは
 何なのか考えさせられます。


■コスト削減のために、
 社会人野球チーム廃止を主張する
 古参の専務。


 創業者であり、
 社会人野球チームを立ち上げた
 実力会長。


 コンサルタントから社長となった
 ロジック社長が会社経営に
 悩むわけです。


■経営者というものは、
 答えのない世界だということが
 わかりました。


 答えがないからこそ、
 経営なのでしょう。


 池井戸さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・アマチュア以上プロ未満。
 かろうじて会社の広告塔としての存在基に
 しがみつき、必死に野球を続けている。
 厳しいが、それが社会人野球の
 現実なのである(p52)


・社長になったいま
 向き合っているのは、
 生身のヒトである・・
 その彼らの人生を、
 自分は預かっている

 だが、どうしろというのだ(p66)


・「ただ、新しいビジネスが生まれない以上、
 コストは極限まで削って行くしかないかと。・・
 「そうだな」
 グラウンドを凝視したまま、青島は言う。
 「しかし、会社だけ利益を上げればそれでいいのかな」・・
 いまこの会社の社員として働くことに、夢があるだろうか。
 彼らに夢や幸せを与えてやるのもまた
 経営者の仕事
だと思うんだが(p197)


・野球で一番おもしろいといわれているスコアが
 いくつか、知ってるか」・・
 「さあ、私はあまり野球には詳しくないので。
 三対二ぐらいの試合でしょうか」
 「八対七だ」青島は答えた。
 「フランクリン・ルーズベルト大統領が、
 もっともおもしろいスコアだといったというのが
 そもそもの起源でね。ルーズベルト・ゲームだ(p260)


ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)
池井戸 潤
講談社 (2014-03-14)
売り上げランキング: 3,615

【私の評価】★★★☆☆(74点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む