「仕事は楽しいかね?《最終講義》」デイル・ドーデン

| このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事は楽しいかね?《最終講義》

【私の評価】★★★★☆(80点)


■マックスおじさんが
 2人の若者に仕事のコツを教える
 物語形式の一冊です。


 「仕事は楽しいかね?」


 とは、マックスおじさんの
 決まり文句です。


 目標設定⇒努力⇒成功
 といった形ではなく、


 やってみる⇒やってみる⇒やってみる⇒成功
 という形が楽しいらしい。


・まだまだ素晴らしいアイデアがあるはずだ。
 さあ、他にどんなことを試してみようか?(p139)


■そして優れた上司は、
 部下にやり方を指示しません。


 目指すゴールを示し、
 やり方は部下に考えさせる。


 上司が答えを出したら、
 部下は育たないし、
 楽しくもないのです。


・彼は解決策を与えようとしません。
 ただ、みんなに最終的な目標を
 思い出させるだけ。(p130)


■マックスおじさんは、

 「分別のある人間には
  何も成し遂げられない」

 と言っています。


 非常識でバカで愚かに見える人が、
 仕事に革新をもたらすのでしょう。


 ドーデンさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・試してみることに失敗はない(p142)


・要求されていなくても、
 解決策を三つ用意しておくことだ。
 これと同じことを、広告代理店の連中みたいな
 プロのクリエイターがやっている(p161)


・最初の解決策は人からの借り物、
 二つ目の解決策は常識の範囲内、
 三つ目の解決策が天才のアイデアだ(p161)


・いい計画を思いついたときは、
 立ち止まってはいけない。
 いい計画を思いついたことを喜び、
 それをいったん脇に置いて自問するんだ。
 『これをどれだけ素晴らしくできるだろう?』
 って。・・そうすれば、飛躍するチャンスは
 おのずから訪れる。わかるかい(p105)


・私のお気に入りの質問はこうだ。
 こうすれば、顧客のお役に立てると
 思いませんか?(p164)


・シェーンは会議の前にはいつも、
 出席者全員を思い浮かべてこう自問するそうだ。
 『認められたいと思っているのは誰だ?』そして
 『それぞれが必要としているものは何だ?』とね(p177)


・素晴らしい社員について大勢の人に尋ねたとき・・
 彼らが教えてくれた人たちは、
 彼らより優れた人物ではなく、
 自分を優れた人間だと
 思わせてくれる人物だった(p182)


仕事は楽しいかね?《最終講義》
デイル・ドーデン
きこ書房
売り上げランキング: 74,703

【私の評価】★★★☆☆(80点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

プロローグ 良い会社が持っているもの、それは一握りの宝さ。
第1章 もっと良くできないかなあ?
第2章 目指すべきは、非常識な行動なんだ。
第3章 最初の解決策は人からの借り物、
   二つ目の解決策は常識の範囲内、
   三つ目の解決策が天才のアイデアだ。
第4章 最高の社員が人とは違う考え方をするのは、人より多くのことを知っているから。
   彼らが人より多くのことを知っているのは、人より多くの質問をするからだ。
まとめ 与えられた仕事以外のことをすることで、
   彼らは職場全体の意識を高め、周りの人をも向上させるからなのです。
エピローグ ぜひ試してみてほしい。
   まずは何か"完璧な"ものを見つけ、
   それをより良くすることから始めるのだ。




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)