「はじめての福島学」開沼博

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめての福島学

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■東京電力福島第一原子力発電所の
 炉心溶融事故から4年。(出版当時)


 復興中の福島の現状を知ろう!
 という一冊です。


 放射能という見えない敵に対して
 私たちはどう対応すれば
 いいのでしょうか。


・「福島がどうなるかわからない」じゃなく、
 あなたが福島をわかっていない(p153)


■放射能については、
 ほぼ影響がなくなっています。


 また、放射線量の基準も
 厳しい方向に見直され
 厳格に管理されています。


 放射能については、
 ほぼ風評被害が課題と
 いえる状態だと思います。


・福島県では放射線について、年間1000万袋ほどの
 県内産米の全量全袋検査を行っています。
 そのうち放射線量の法定基準(1kgあたり100ベクレル)
 を超える袋は・・2012年度生産分で71袋、
 2013年度生産分で28袋。2014年度生産分については、
 2014年度末時点で0袋(p104)


■農業、漁業の復興は道半ばですが、
 これは原発事故の影響もありますが、
 元々の高齢化という課題が表に出ただけ。


 事故がなくても、
 いずれは高齢化、後継者不在という
 問題はあったのです。


 こうした事故も想定して
 東北に原子力発電所を作ったのでしょうから、
 東京電力には東北地域の住民と企業に
 さらに迷惑をかけない方法で
 現状回復をお願いしたいと思います。


 開沼さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・復興は早急になされた・・・
 19兆円の大方が早々に消化されてしまい、
 6兆円が追加されました。
 つまり、25兆円の予算になりました(p27)


・2014年時初時点での日本の人口減少の
 ワーストスリーは秋田、青森、山形です・・
 福島よりもヤバい状況になっています(p50)


・福島のJAが扱う2011年産米の売買契約が7割達成された・・
 震災によって宮城や岩手の農地が被害を受けたため、
 米不足が起こっていた・・低価格米は外食企業などで
 ニーズがあり、福島米の割安感が高まる中で
 引き合いが増えた(p133)


・セシウムの基準値に関する国際比較・・
 例えば、米を含む野菜の場合、
 EUが1250ベクレル/kg、
 米国は1200ベクレル/kgです。
 日本が100/kgなので、
 日本の基準は欧米の10倍厳しい(p180)


・日本の100ベクレル/kgという規準って
 はじめからそうだったのか、というと実は違う。
 日本の基準は、米・野菜ならば
 500ベクレル/kgでした・・
 3・11から1年後に一般食品では
 5倍規準を厳格化していた(p183)


・福島県の多くの漁業者が仕事を再開できずにいます・・
 そもそも、3・11以前から、漁業自体が儲からない
 産業になってきて衰退していたことや、
 高齢化が進んでいたことなどが
 主な理由としてあげられます。
 これは農業と共通することです(p252)


・福島では一次産業が占める割合が・・7.6%・・
 「電気・ガス・熱供給・水道業」・・0.8%・・
 製造業・・これはたしかに20.1%でとても大きいです・・
 卸売業・小売業の15.2%、医療・福祉の10.2%、
 宿泊業・飲食サービス業の5.5%(p277)


はじめての福島学
はじめての福島学
posted with amazlet at 16.07.06
イースト・プレス (2016-03-18)
売り上げランキング: 12,831

【私の評価】★★★☆☆(75点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

復興
人口
農業
漁業・林業
二次・三次産業
雇用・労働
家族・子ども




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む