「下天を謀る〈上〉」安部 龍太郎

| このエントリーをはてなブックマークに追加

下天を謀る〈上〉 (新潮文庫)

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■藤堂高虎の視点を通して
 豊臣秀吉の時代から
 家康の勃興までをたどる小説です。


 石田三成が、豪将から
 どう嫌われていたのか、
 よくわかります。


■嫌われたら、
 天下は取れないということですね。


 安部さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・よく見ておけ。あれが南蛮人どもの戦い方だ・・
 戦には道義と礼儀と美学がある。
 だが火力にものを言わせた戦いには、
 むき出しの敵意と勝利への欲望しかなかった・・
 イスパニアという国があることを知っておろう・・
 かの国はこの戦い方で世界に覇権を打ち立てた。
 その圧力がこの国にも及んでいることを、
 片時たりとも忘れてはならぬ(p106)


・西洋ではイエズス会のことをジェズイットと
 呼びます。この言葉は詭弁家や偽善者、
 陰謀家、二枚舌などという意味にも
 使われます(p196)


・世を捨てるのも命を捨てるのも
 たやすいことでしょう。
 ですが人の上に立つ我らには、
 そうした安易な道に逃れることは
 許されておりません・・
 その志さえあるならば、
 今の理不尽にも耐えられるはずです。
 そうして拙子と手をたずさえて、
 下天を謀る道をともにしてもらいたいと
 切に望んでおります(p258)


下天を謀る〈上〉 (新潮文庫)
安部 龍太郎
新潮社 (2013-04-27)
売り上げランキング: 100,876

【私の評価】★★★☆☆(71点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)