「超チーム力 会社が変わる シリコンバレー式組織の科学」リッチ・カールガード、マイケル・S・マローン

| このエントリーをはてなブックマークに追加

超チーム力 会社が変わる シリコンバレー式組織の科学 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

【私の評価】★★☆☆☆(66点)


■会社組織について
 考えた一冊です。


 会社のグループ、課の大きさは、
 だいたい5~8人くらいでしょうか。


 それ以上になれば、
 グループを2つに分けて
 管理職を増やします。


 これは日本でもアメリカでも
 同じようです。


・チームが継続的に能力を発揮する
 ことができるのは、四~九人の場合。
 一般的に、結束力を保てるのは
 12人までと言われています(p56)


■組織が大きくなってくると
 隣の組織の人がわからなく
 なってきます。


 なんとか人の顔と名前が
 結びつく限界が、
 だいたい1500人程度らしい。


 つまり人事異動をしっかり
 コントロールしようとすれば、
 1500人くらいで事業部にでも
 しないといけないわけです。


・HPは40以上の事業部に分かれて活動するようになり、
 それぞれに約1500人の社員が在籍していた・・
 日本のソニーのパソコン事業部の人数は1500人だった。・・
 フェイスブック、グーグル、ツイッターなど
 きわめて多くの会社が、従業員数が1500人程度の規模に
 達すると株式公開に踏み切っている(p69)


■最初の組織は、
 やはりペア(2人)です。


 その組み合わせで、
 大きな成果を出すこともあれば、
 うまくいかない場合もある。


 組織をどうするかで、
 その会社の雰囲気さえ
 変わってくるのでしょう。


 カールガードさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・最も一般的で継続的なペアリングである
 「結婚」をした既婚者は、単身者に比べて、
 健康、収入、寿命において大きな利点を
 持つと言われている(p184)


・人間が短期的に記憶・処理できる情報量は
 五~九個だと言われている・・
 現代社会の至るところで目にする
 小さな集団やチームが、基本的な六人程度のチーム
 (あるいはそれが統合した12人ほどのチーム)
 という原型からまありずれることが
 ないのも驚きではないだろう(p59)


・ロビン・ダンバーが中規模チームの二つを例として挙げ・・
 ・五人の集団 最も親しい友達やパートナーの人数
  (=「社会集団」)
 ・15人の集団 ほぼいかなる状況下でも心から
  信頼できる人の数(=シンパシー・グループ)(p277)


・「15±3」チームは、分業制を採りながらも、
 各サブチームに専属のリーダーを置くことのできる
 最小規模の集団である。(p290)


・「50±10」チームのメンバーは、ほとんど
 共同作業をする機会がない同僚が
 何人かいるとしても、
 全員がお互いを知っている。(p301)


・「50/150」チームは独立性が高く、
 かつ安定的だ。その主な理由は、外部の
 請負業者やサプライヤーに頼ることなく、
 自分たちの活動の範囲内で必要な業務を
 すべてまっとうすることができるからだ(p302)


超チーム力 会社が変わる シリコンバレー式組織の科学 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)
ハーパーコリンズ・ジャパン (2016-05-19)
売り上げランキング: 5,236

【私の評価】★★☆☆☆(66点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

はじめに――チームの力
第1章 変化は猛毒 正しいチームで毒を制す!
第2章 チームに隠された魔法の数字
第3章 新しいチーム科学
第4章 違いの力
第5章 最強のチームの育て方
第6章 チームの基礎
第7章 ペア 12+5タイプのパートナーシップ
第8章 トリオ 不安定な関係
第9章 チームの典型 中規模サイズのケーススタディ
第10章 チームから組織へ
第11章 チームの誕生と寿命
第12章 チームの引退と死




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)