「誰からも必ず「よかった! 」と言われる話し方39のコツ」夏川 立也

| このエントリーをはてなブックマークに追加

誰からも必ず「よかった! 」と言われる話し方39のコツ

【私の評価】★★★★☆(85点)


■「新婚さんいらっしゃい!」の
 前説(本番前に観客に行う説明)を
 10年間続けた著者が教える
 人前での話し方のコツです。


 芸人や落語家は話のプロですので、
 話のパターンを持っています。


 出だし(まくら)+中味+まとめ
 という構成で、
 お後がよろしいようで。


・出だしはどう工夫すればよいのでしょうか?・・
 あなたのことを知ってもらうための
 出だしのコンテンツを
 落語のように固定
すればよいのです(p80)


■そして、パターンを固めておきながら、
 講演の前にネタをくる(ネタくる)、つまり
 事前のシミュレーションを行います。


 事前のリハーサルによって
 お客さんに合わせて
 話を微妙に調整したり、
 アドリブの準備をするのです。


 アドリブのネタについても、
 日頃からネタ帳を作って
 準備しているとのこと。


・「こういうときには、こう言う」という
 「シミュレーション・ノート」をつくってみてください・・
 日頃からの蓄積によってアドリブもうまくなり、
 人前で話すのもうまくなる!!(p185)


■はやりプロは準備がしっかり
 しているなと感じました。


 プレゼンに活用しましょう。


 夏川さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・2倍くらいのキャパシティを意識する・・
 10人の前で発表するのであれば、
 20人いると思ってください(p40)


・まずは自分が話している言葉を
 録音してください・・
 そのまま文字に起こすことから
 始めてみるのです(p66)


・アドリブには練習が必要です・・
 反省会や食事会で、よく
 「あのときの返し、あれ面白くなかったよ」
 などと話し合います(p183)


・「どんな話をするか」というフレームを示す・・
 「少し難しい話になりますが」・・
 フレームによって話し手と聞き手の溝が埋まる(p95)


・次のアクションにつながるお土産を用意する・・
 「これは絶対に使えると思いますので・・」
 メモを取ろうとすれば成功(p143)


・ネタくり・・
 頭の中で何度か話を繰り返すことを通じて、
 タイミングや語尾、ちょっとした強弱を
 自分なりにそのときどきに応じて調整する(p145)


・自分を積極的にアピール・・
 「この日のために、この1ヵ月間、
 寝る間を惜しんで準備してきました(p52)


自分にキャッチフレーズをつける・・
 「会社では『整理整とんの人間国宝』
 と言われている・・(p110)


誰からも必ず「よかった! 」と言われる話し方39のコツ
夏川 立也
日本実業出版社
売り上げランキング: 25,045

【私の評価】★★★★☆(85点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

1 誰からも必ず「よかった!」と言われる場づくりのコツ
2 誰からも必ず「よかった!」と言われるネタづくりのコツ
3 誰からも必ず「よかった!」と言われるパフォーマンスのコツ




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)