「「自分がイヤだ!」と思ったら読む本」心屋 仁之助♪

| このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分がイヤだ!」と思ったら読む本

【私の評価】★★★★★(96点)


■自分に自信がない、
 という人は多いと思います。


 その一方で、
 自信ありげに生活している人も
 また存在します。


 この本では、自分に自信のない人が、
 どう生きていけばいいのか。


 いかにパンツを脱ぐのか、
 ということを考えていきます。


・自信がない人というのは、
 「欠けているところを埋めようと
  すればするほど、欠けていく

 というパラドックスにいるんです(p27)


■一般的に自信がないと、
 おどおどしてしているように
 見えてしまいます。


 そのために周囲から
 舐められてしまうことも
 あるでしょう。


 それで、ますます
 自信を失ってしまう。


 マイナスの
 パイラルです。


 そして、ある時期に、
 それを吹っ切れたときに、
 次のステージに進むことができる。


 それがパンツを脱ぐ、
 ということなのでしょう。


・「私はもてないヤツでいい」
 「私は嫌われ者でいい
 「私はブサイクでいい」
 こうしていったん自分を認める言葉を
 つぶやくのです(p71)


■分かっていても
 難しい問題だと思いました。


 外だと難しいけれども、
 家の中だとパンツを脱げる人も
 いるでしょう。


 人生経験の中で、
 失敗したり恥をかいたりして学び、
 あるタイミングで
 パンツが脱げるのだろうと思いました。


 著者自信も自分に自信がなく
 自分に厳しく他人にも厳しい
 タイプだったようです。


 心屋さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・自信は、他から集めるものではなく、
 自分の中にもともと「あった」ものを
 見つけだすことだ(p10)


・「わたしの、どこが悪かったんだろう」
 この質問が、悪い貝、不幸な貝を集める質問です・・
 この言葉を口グセにしてみてください。
 それで、いいんだ(p157)


・「勝手に傷つく人」
 「必死に自己正当化する人」は、
  自分に自信がないのです(p39)


・「食わず嫌い」は、
 「食べる」ことで変わる(p106)


・「こんなこと言ったら嫌われる」と思っている人が、
 「勇気を出して言ってみる」という行動をとることで
 よい結果が出れば、「あれ、言ってもいいんだ」と、
 「言ってもだいじょうぶ」という考え方(価値観)に
 変わる、ということもあるのです(p109)


・「問題」自体に対しても、
 「いい」も「悪い」もない。
 「その課題に取り組んでクリアにすればいい」・・
 「今のあなたにできることはこれなんだよ」と
  教えられているような気がします(p58)


・・「今の自分がダメ」だから、
  いいセルフイメージをもとうとするのか
 ・「今の自分を認め」たうえで、
  いいセルフイメージをもとうとする
のか
 この二つは、まったく別物です(p97)


・あなたがしたいことは、
 「恥をかかないこと」なのか。
 「何かを手に入れて前に進めたい」のか(p121)


「自分がイヤだ!」と思ったら読む本
心屋 仁之助
KADOKAWA/中経出版 (2011-05-09)
売り上げランキング: 329,274

【私の評価】★★★★★(96点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

1章 自信がないあなたへ
2章 自分を認める
3章 自分を肯定する
4章 自分を信じる




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)