「リーダーの掟 ― プーチン絶賛の仕事術」飯島 勲

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダーの掟 ― プーチン絶賛の仕事術

【私の評価】★★★★★(90点)


■小泉首相の主席首相秘書官を務めた
 飯島さんの仕事術です。


 飯島さんの仕事は、
 主にマスコミ対策であったことが
 わかります。


 新聞、雑誌が発行される前に
 情報を入手し、報道内容を想定し、
 対策を準備していたらしい。


 なぜならマスコミこそが、
 国民に情報を提供し、
 世論を操作できるからです。


・連日朝刊の締め切りである午前一時ごろまで
 各社の記者の動向を翌朝の報道の内容を想定して
 事務秘書官に指示を出してから、
 ようやく官邸を出た。朝は、前夜がどんなに
 遅くても四時か五時には起きた。
 各誌の朝刊だけでなく、都内には出回らない
 早刷りまで取り寄せてチェックする。
 さらに、曜日ごとの週刊誌の点検。
 独自ルートで入手した広告のゲラを確認した(p42)


■飯島さんの主観によりば、
 最も国益を毀損したのは、
 役所であれば外務省。
 政治家であれば菅元首相らしい。


 外務省は、靖国を利用し、
 国内分子とマスコミを利用して、
 保守政治家を攻撃した。


 そして、菅首相は、
 福島第一原発のベント作業を中断させ、
 再生可能エネルギー買取制度と
 原子力を停止させることで、
 日本のエネルギー政策を
 混乱させたのです。


・当時の首相菅直人が「この顔が見たくないなら、
 法案を成立させろ」と粘るだけ粘り、
 どさくさに紛れて成立させてしまった
 「再生エネルギー特措法」・・
 菅を「自然エネルギー普及」で煽った孫正義・
 ソフトバンク代表取締役の動きに、
 私は危惧の念を抱いている・・
 太陽光発電などによる電気は、
 不安定で品質が低いと評価されている・・
 地熱や小水力発電を利用すべきだ(p28)


■一本筋が通っていると
 思いました。


 飯島さんの夢は、日本の鉄道を
 シベリア経由でヨーロッパまで
 つなげることだという。


 これも良いですね。


 飯島さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・自分だけ働き続けるというのは、
 とても大変なことだ。しかし、
 とんでもない嵐が来たときに初めて、
 今まで苦労した経験が、
 大きな武器となる
ことを知る。
 経験から得た強い自信をもって、
 押し寄せる問題を解決しよう。
 その時に、君は男になるんだ(p14)


・外務省は、傑出した外交手腕を持つ政治家を
 追い落とし、手柄を強奪、反対に失敗したら
 人のせいにすることを繰り返してきた(p46)


・「靖国政局」・・親中派の政治家と外務省
 チャイナスクールが結託し、マスメディアを通して、
 日本の保守政治家を徹底的に傷つけてきた。
 中国が怒っています・・と煽るだけ煽る。
 しかし、そこで保守政治家が持論を曲げ、
 妥協したところで、かえって事態は悪くなる。
 そこで外務官僚はいうのだ。
 「私たちのいうことを聞いたおかげで
 この程度で事態が収まった
」と。(p49)


・小泉総理就任一年目の靖国参拝のときである。
 極秘とされていた八月一五日の参拝後に
 発表予定だった「総理談話」を、この秘書官は
 「機転を利かせて」、確実に外務省に漏れると
 わかっている人物に手渡した。この漏洩した
 「談話」をもとに、外務省が中国を煽動、
 中国が反発を表明して、マスコミも大騒ぎし、
 靖国参拝は8月15日から13日に前倒し・・
 途中で交代したのは彼一人である(p139)


・地震発生の翌日の12日早朝、
 菅は突然現場を視察したいと言い出して、
 自衛隊のヘリコプターを使って、
 福島第一原発に出かけた・・
 「もう少し早く注水を始めていたら」と
 語った通り、ベントの遅れが、事故の大規模化の
 最大の原因であったのは明らかだ。
 現場の作業を中断させた菅の責任は万死に値する(p166)


・ノンキャリアの人事には、大臣も事務次官も
 官房長も口を出せない慣習になっていて、
 その裁量はノンキャリアの"ボス"に任されている・・
 ノンキャリアをバカにするような態度を取れば、
 仕事ができない部下を集められ、
 出世レースから脱落してしまうのだ(p128)


・出世のためには、
 「五年以上年齢の離れた先輩と
 五年下の後輩を大事にすべし
」という、
 霞が関に伝わる格言がある(p196)

リーダーの掟 ― プーチン絶賛の仕事術
飯島 勲(いいじま いさお)
プレジデント社
売り上げランキング: 285,660

【私の評価】★★★★★(90点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ

■目次

第1章 夜11時を夕方5時と思え
第2章 「月見草」対談vs野村克也
第3章 なぜ短命政権が続くのか



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む