「IKEA 超巨大小売業、成功の秘訣」リュディガー・ユングブルート

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

IKEA 超巨大小売業、成功の秘訣

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■イケアとは何なのか。
 それを知りたくて手にした一冊です。


 イケアは、スウェーデンの
 カンプラードさんが始めた
 通信販売会社から発展してきました。


 初期のビジネスモデルは
 家具の通信販売であり、
 展示場で品物を見て、注文すると
 家に届くという形でした。


・1947年、・・ある一軒家の地下に部屋を借りて
 そこに事務所を設けた・・
 当時のイケアの品目は、裁縫用具、
 ナイロンストッキング、グリーティングカード、
 種物、万年筆、紙入れだった(p50)


■イケアの商品が売れてくると、
 既存の家具業界から取引停止などの
 いやがらせを受けました


 そこでカンプラードさんが取った対策は、
 海外から家具を輸入すること。


 特に、社会主義国であったポーランドから
 格安で品質の良い家具を輸入することにより、
 圧倒的な価格競争力を持ったのです。


・商品の補充が追いつかなかった。
 しかもあいかわらずスウェーデン国内の
 家具メーカーの多くが、
 古くから付き合いのある
 地元の家具店の顔色をうかがって、
 イケアとの取引を中止していた(p70)


■その後の事業拡大においては、
 上場せず借金もぜず、
 キャッシュフローの範囲で
 拡張を続けました。


 イケアは、コンセプト使用料として
 売り上げの3%を徴収しているとのこと。


 手堅い商売ですね。


 ユングブルートさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


平らな包装(フラットバック)で運送費を節約する・・
 重要なのは、こうすることで運送時に起こる
 家具の傷みが軽減できることだった(p61)


・ポーランドのおかげでカンプラードは、
 スウェーデンの家具業者が絶対に
 追いつくことのできない価格優位を獲得した・・
 成り上がり者を邪魔してやろうという試みは、
 皮肉なことにかえってその成り上がり者を
 さらに強くしてしまった(p74)


・従来どおりのことをそのまま続けたり、
 繰り返しているのでは、
 競争に勝ち抜くことはできない。
 「つねに別のことを試してみる
 のである(p103)


・イケアではサービスをしない。
 家具を購入する作業の80%は
 お客が自分でやる。・・お客は・・
 望みの品を棚からおろして、
 レジへ運び、自分の車に積んで
 家に持って帰る(p226)


・イケア家具店はどこもみな
 コンセプト使用料として
 売り上げの3%
をこのオランダの
 インター・イケア・システムズに
 振り込まなければならない。
 3%というのは最低限の原則で・・
 イギリスでは4%以下、フランスでは2.5%、
 競争の激しいドイツでは売り上げの1%以下の
 ライセンス使用料となっている(p284)


IKEA 超巨大小売業、成功の秘訣
リュディガー ユングブルート
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 398,066

【私の評価】★★★☆☆(73点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第1部 IKEAの軌跡
第2部 IKEA成功の秘訣




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む