「幸せになる勇気」岸見 一郎、古賀 史健

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

【私の評価】★★☆☆☆(67点)


■アドラーは、
 人を叱ってはいけない、し、
 ほめてもいけない
、という。


 なぜなら、
 ほめたり叱ったりして育てると、
 人に操作されやすい
 人間になってしまうから。


 そうした教えに従った結果、
 自分の教える学校が荒れ、
 生徒に舐められた青年先生が
 哲人の元に帰ってきました。


・哲人 「あなた」が子どもたちに対して
    尊敬の念を持つ。
    すべてはそこからはじまります・・
 青年 わたしが?5分と黙って人の話を聞くことの
    できないあの子たちを?(p41)


■彼は、褒めてもいけない、
 叱ってもいけない、
 というジレンマの中で、
 結果的に、
 生徒に舐められてしまった。


 まじめな人が
 陥りそうな罠ですね。


 子どもはある意味、
 素直であり残酷です。


 こいつは何をしても
 怒らないなと思えば、
 何でもする。


 本当は、必ずその代償を
 払うときがくるのですが、
 それが子どもにはわからない。


・消極的な子どもたちは「不従順」によって、
 権力争いを挑んできます・・
 ただ不従順を貫くことによって、
 自らの「力」を証明したいのです(p96)


■哲人の青年への答えは、
 「愛」でした。


 「愛」はいいのですが、
 青年先生はその答えを
 真に理解したのでしょうか。


 答えは自ら探すしかなく、
 悩みが続くように思います。


 岸見さん、古賀さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・教育が目標とするところ、
 一言でいうとそれは「自立」です(p36)


・子どもたちの決断を尊重し、
 その決断を援助するのです・・
 「自分の人生は、自分で選ぶことができる
 という事実を学んでくれるでしょう(p125)


・アドラーは賞罰を禁じる・・
 彼らは「ほめてくれる人がいなければ、
 適切な行動をしない」(p92)


・アドラーは言います。
 「臆病は伝染する。
 そして勇気も伝染する」と。
 当然「尊敬」もまた、
 伝染していくでしょう(p58)


・あなたがどんなに
 「悪いあの人」について同意を求め、
 「かわいそうなわたし」を訴えようと・・
 本質の解決にはつながらない・・
 われわれが語り合うべきは、
 まさにこの一転、
 「これからどうするか」なのです(p73)


幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
岸見 一郎 古賀 史健
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 9

【私の評価】★★☆☆☆(67点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第一部 悪いあの人、かわいそうなわたし
第二部 なぜ「賞罰」を否定するのか
第三部 競争原理から協力原理へ
第四部 与えよ、さらば与えられん
第五部 愛する人生を選べ



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む