「読めば必ずやめられる禁煙バイブル」ニール ケーシー

| このエントリーをはてなブックマークに追加

読めば必ずやめられる禁煙バイブル

【私の評価】★★★☆☆(72点)


タバコは不倫と同じだという。


 ちょっとした火遊びから
 すべてがはじまる。


 自分も相手も不幸になり、
 最後は破局が待っている。


・喫煙者とタバコの関係が
 シャーリーンの陥っている
 不倫関係と基本的には同じ・・
 最後に待っているのは失望だけ(p30)


■タバコは毒なので、
 毒を注入されている
 イメージを持つことを
 推奨している。


 致死性の毒ではないので、
 じわじわと体を蝕んでいくのです。


・タバコを吸うたびに、蛇に咬まれ、
 牙から毒を注入されている姿を
 思い浮かべてください。
 毒はごく弱い、非致死性のもの、
 つまりニコチンです(p135)


■タバコの本性を知り、
 悪いイメージを頭の中に
 作るということ。


 真実を頭と体で
 実感すると良いのでしょう。


 ケーシーさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・禁煙初日の夜、私の全身は
 冷や汗でじっとりと濡れ、
 両手は細かく震えていました(p3)


・ニコチンはヒ素やストリキニーネといった
 猛毒よりもさらに毒性が強い(p23)


・軽い火遊びから深みにはまっていく・・
 喫煙者になることを選んだ自分を正当化しようと、
 あとからそれらしい理由をでっちあげましたね?(p39)


・タバコを吸うと何となく"ほっとできる"
 ということを潜在意識が
 記憶しているとしたら・・?(p49)


・タバコの煙が肺に入ると、ふたつのことが起きます。
 まず、酸素の代わりに一酸化炭素が血流に入り、
 あなたは軽いめまいを起こします・・
 一時的な酸素欠乏状態に陥るわけです・・
 この感覚はオルガズムのそれに当たります・・
 タバコによってだまされています(p52)


・歯が痛いとき、虫歯を指で押して、
 痛みをわざと倍増させたことはありませんか?
 指を離したときに、痛みが少しだけ和らぐような気がする・・
 タバコを吸うのも、これとまったく同じです(p69)


読めば必ずやめられる禁煙バイブル
ニール ケーシー
双葉社
売り上げランキング: 672,306

【私の評価】★★★☆☆(72点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第1章 禁煙は正しい方法で行えばとても簡単
第2章 ニコチンの罠のしくみを理解しよう
第3章 タバコの幻想を打ち破る
第4章 自由を取り戻すための準備に取りかかろう
第5章 タバコは楽しいという思い込みを捨てよう
第6章 禁煙に意志の力は要らない
第7章 依存しやすい性格の人などいない
第8章 タバコを吸っても集中力は出ない
第9章 周りのスモーカーに惑わされないように!
第10章 代替品を使っても禁煙はできない
第11章 禁煙しても体重は増えない
第12章 本数を減らしても無駄
第13章 禁煙を恐れる必要はない
第14章 タバコから解放されて明るく自由な世界へ飛び出そう
第15章 ニコチンの禁断症状とどのように付き合うか
第16章 さあ、最後の1本を吸おう
第17章 潜在意識に焼き付けるイメージ強化CDを聴く
第18章 『禁煙セラピー』体験者からの手紙



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)