「わもん -聞けば叶う」薮原 秀樹

| このエントリーをはてなブックマークに追加

わもん -聞けば叶う

【私の評価】★★★★☆(81点)


■「わもん」とは、
 話を聞くこと。


 "話聞"です。


 徹底的に相手の話を
 聞ききる
ことで、
 濃密な信頼関係が作られます。


・『わもん』は、話し手の
 『声なき声』を聞くことにより、
 聞き手の『声なき声』を聞くことが
 できるようになる修業です(p3)


■以前、コーチングのセミナーで、
 相手の話をただ受け止めるという
 ワークをしたことがあります。


 ワークの前に、
 二人が顔を見合わせます。


 初対面ですので、
 思わず笑ってしまう自分がいます。
 (いわゆる緊張による愛想笑い)


 次に、一人がその日一日の行動を話し、
 もう一人がそれを聞きます。
 ただ、受け取るのです。


 その受け取りの後、
 再度、二人で
 顔を見合わせます。


 すると、最初のように
 愛想笑いは出ません。
 ただ、相手の顔を見ることができる。


 ただ、聞くだけで、
 相手を受け入れることが
 できるようになるのです。


・聞き手がまったく変わることなく
 絶対尊敬を贈ってくれるとわかったとき、
 話し手は緊張をほどき、
 安心感を高めていきます。(p95)


■ただ、相手の話を聞く。


 その重要性を
 教えてくれる一冊でした。


 単なる表面上の言葉だけでなく、
 相手の持っているイメージも
 受け取ることが大事なのでしょう。


 薮原さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・話し手のどんな考えも感情も、
 ありのままに尊重します。
 疑問をもつことも、
 否定することも、
 善悪や正誤の判断もしません(p22)


・人の話を聞くときに、
 話し手を絶対尊敬することは基本ですが、
 そのためには、聞き手が自分自身を
 絶対尊敬
していることが欠かせません(p58)


・「話し手の心臓の音を聞く」「鼓動を感じる」
 という感覚をもってみるとよいと思います。
 実際に耳で音を聞くわけではなく、
 そのようにイメージしてみるのです(p115)


・聞いた話を心のなかでビジュアル化する
 意識をもつことが、助けになります・・・
 イメージがぼやけていたり、欠けた部分・・
 その部分が大切だと感じられたときは、
 ためわらず「そこをもう少し教えてほしい」 
 とたずねます(p129)


・貝の砂出しとおなじように、
 「心の砂出し」を大切にします・・
 グチを言いだしたとしても、
 聞き手は話をさえぎったり、
 話し手を否定したりせずに、
 すべてそのまま受けとめます(p133)


・心の奥深くまで受けとめあうことで、
 強い信頼関係をきずいていくこともできます・・
 そうなるためには、まず聞き手が
 「最後まで話を聞ききる
 ことが大切です(p142)


わもん -聞けば叶う
わもん -聞けば叶う
posted with amazlet at 16.03.17
薮原 秀樹
文屋
売り上げランキング: 280,354

【私の評価】★★★★☆(81点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第1章 絶対尊敬
第2章 絶対沈黙
第3章 聞き手未熟
第4章 話聞一如



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)