「スタンフォード大学 夢をかなえる集中講義」ティナ・シーリグ

| このエントリーをはてなブックマークに追加

スタンフォード大学 夢をかなえる集中講義

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■スタンフォード大学で、
 起業家精神を教える授業が
 あるらしい。


 ちょっと読んでみましょう。


 まず、「何かやってみる」。


 これが起業家精神です。


 つまり、新しい企てを
 するということ。


・観察する→定義づける→アイデアを出す→
 プロトタイプをつくる→テストする(p211)


■もちろん、新しいアイデアを考える
 創造性も大切ですが、
 やはり大事なのは行動です。


 行動するためには、
 小さく行動する。


 つまり、プロトタイプを作って、
 それが良いのか悪いのか、
 改善点はないのか検討するのです。


・「投資する前にテスト」して、
 製品をつくるかどうかを判断しようというのが
 プレトタイピングの考え方です・・
 自分たちが目指すもののサンプルをつくる(p103)


■起業家精神も教えるのが、
 アメリカらしいと思いました。


 まず、型を作って、
 あとは自分に合わせていく
 ということなのでしょう。


 日本でもこうした授業が
 ほしいですね。


 シーリグさん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


行動してはじめて情熱が生まれるのであって、
 情熱があるから行動するわけではない、
 ということです(p42)


・長年かけて学んだのは、どんなことでも
 興味をもっと取組さえすれば面白くなる、
 ということです(p49)


・自分の時間で何をするのか、
 行動を意識するのは大事ですが、
 何を考えるのか,
 思考を意識することも重要です(p128)


・パスワードはQuit@smoking4ever(一生禁煙)にしました。
 それで、どうなったか。
 冗談ではなく、一晩で禁煙できたのです。
 さらに一か月後、今度は
 Save4trip@thailand(タイ旅行のために貯金しよう)
 に変えました。
 三か月後、どこにいたか。
 なんとタイにいたのです。(p142)


・前例のない大胆なアイデアは徹底的に叩かれ、
 死の寸前まで追い詰められるものです。
 それに屈することなく、長期にわたって
 やり続けられるイノベーターだけが、
 成功する
ことができるのです(p171)


・起業のために、寮の部屋にこもって
 コンピュータのプログラムを書きたいというのなら、
 やればいいと思います。当然、
 授業の評価は低くなるかもしれませんが、
 それは本人が選択した結果であって、
 私が選択したわけではありません(p84)


スタンフォード大学 夢をかなえる集中講義
ティナ・シーリグ
CCCメディアハウス
売り上げランキング: 2,075

【私の評価】★★★☆☆(79点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

序 章 ── ひらめきを形に

第I部 想像力
第1章 どっぷり浸かる ── 建物のなかに入る鍵
第2章 ビジョンを描く ── 世界があなたの舞台

第II部 クリエイティビティ
第3章 やる気を高める ── 顧客は自分自身
第4章 実験を繰り返す ── 卵は割れてもかまわない

第III部 イノベーション
第5章 フォーカスする ── ゴミ箱のなかを整理する
第6章 フレームを変える ── 脳に刷り込む

第IV部 起業家精神
第7章 粘り強く続ける ── 何がボートを浮かせるのか
第8章 周りを巻き込む ── 物語を聴かせて

終 章 ── 終わりは始まり



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

googleのお薦め

>月別(2002年7月~)