「「仕事を任せる」インバスケット法」鳥原隆志

| このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事を任せる」インバスケット法

【私の評価】★★★★★(93点)


■インバスケットとは、
 仮想の事例で上司としての判断を
 シミュレーションするものです。


 バスケットとは、
 机の上にある書類を入れる箱であり、
 その中に課題が入っているのです。


 それをあなたは短時間に
 判断し、指示を出して
 いかなくてはなりません。


・部下が何かを任せられた時に思うことは、
 「それはどうして自分なのか?
 ということです。(p148)


■やる気のない部下がいます。


 年上のベテラン部下もいます。


 能力がないのに、
 生意気な部下もいます。


 そうした悩ましい部下が、
 難しい問題を報告してきます。


 「なんでそんなこともできないんだ!」


 直面した上司であるあなたは、
 部下に適切な指示を
 示さなくてはならないのです。


・問題児でも個性的な部下でも、
 使いこなすことができてはじめて
 「人を使う」と言うのです。
 指示の出し方や教育の方法、
 配慮の仕方などを人によって
 変えていく
ことが求められているのが、
 人を使うという手法です(p37)


■指示するべきときは指示する。

 任せるべきときは任せる。

 失望したときは、
 「残念です」と伝える。

 「大丈夫、あとは任せなさい」と
 部下を慰める。


 一つひとつの判断が、
 あなたを見る部下の評価に
 つながります。


 本当の仕事そのものが
 最高のインバスケットで、
 鍛えられたなあ~と感じました。


 鳥原さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・リーダーの場合、もっとも減らさなければ
 ならない作業はルーティンワークです。
 毎日やらなければならない作業は本来
 管理者にあってはいけません・・
 リーダーの仕事の原則は、
 「戦略は自分、戦術は部下に任せる」(p21)


・私も今まで人事の場で
 「あいつは任せることができないで
 自分だけがバタバタしている」という
 レッテルを張られ、降格された人間を
 数多く見てきました(p23)


・いつ自分がいなくなっても、
 組織は何の支障もなく、
 お客様に対しても変わらない品質の
 サービスや製品を届けることができる。
 これが究極の管理者の仕事です(p28)


・最終的にどの方向に進んでいくかを決めるのは、
 任せられた人間ではなく、任せた人間だからです。
 任せる人間には方向性を決める権利と義務があり、
 それは誰にも侵されない
領域です(p110)


・任せるという技法は・・
 経験がなかったり、
 教えられていなかったりすることを
 任せるときに
 凶器に変わるのです(p132)


・最近の管理職はあれこれと自分で
 口を出してしまうため、
 部下が考えなくなり、
 結果的に人は育たない(p40)


「仕事を任せる」インバスケット法
鳥原隆志
ぱる出版
売り上げランキング: 146,967

【私の評価】★★★★★(93点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 あなたはなぜ忙しいのか?
第2章 任せることができない理由とは?
第3章 実践!「任せるインバスケット」
第4章 究極の任せ方


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

Googleのお薦め記事

>月別(2002年7月~)