「新幹線から経済が見える」小宮 一慶

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

新版 新幹線から経済が見える (祥伝社黄金文庫)

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■新幹線を切り口に
 経営コンサルタントが語る
 経済エッセイです。


 ネタは経済半分、新幹線半分、
 というところでしょうか。


 著者は年間新幹線100回、
 飛行機70回乗っていますので、
 講演会でこういうネタをマクラに
 話しているのでしょう。


・新幹線と飛行機のみの比較でいうと、
 東京―大阪間では・・2005年では、
 新幹線65%、飛行機35%・・
 飛行機がシャトル便導入もあり
 シェアを伸ばしています(p26)


■景気の話題が多いと感じました。


 景気とは世の中の動きですから、
 経営コンサルタントとすれば、
 景気が上向くのか、下向くのか、
 バブルなのか、デフレなのか
 正確に把握する必要があります。


 大きい世の中の流れを把握し、
 経営の方向を考えながら、
 個別の販売、製造等を考えるのが、
 経営なのでしょう。


・私はタクシーを利用するときにも、
 運転手さんが気やすく話せそうな人の場合には、
 「景気はどうですか」と聞いてみます(p124)


■JR北海道は厳しく、
 JR東日本、東海は調子がいい。


 こうした差が見えるのも、
 民営化によって
 国鉄のどんぶり勘定から
 脱却したおかげだと感じました。


 小宮さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・今は破綻してなくなった日本長期信用銀行で、
 「うちは、新入社員から移動はグリーン車です」
 と言われたことが記憶に残っています(p115)


・切符を入れたら、改札機に切符が
 詰まってしまったのです・・
 女性の駅員がやってきて、自動改札機の
 ふたを開きながら言った最初の言葉に
 驚きました。「どこからの切符ですか」・・
 こういう場合、最初の言葉は
 「申し訳ありません」であるはずです。・・
 私が切符を持たずに改札を抜けようとしたと
 疑われたのではないかと思いました(p208)


・私は地方に講演に行く場合などは、
 昼の時間か、夜でも早い時間の講演なら、
 だいたい日本全国日帰りで東京に帰って来ます。
 札幌でも沖縄でもです・・
 日本は東京中心に交通網が発達している(p34)


・米国のコンサルタントが出した論文に、
 「規制緩和をすれば必ず起こるルールがひとつある」と
 書いてありました・・そのルールとは、
 「強いものは益々強くなり、弱いものは滅びていく」(p133)


・人生を過ごす上で、私は
 「8割の熱意と、2割の冷めた自分
 のバランスがよいのではないかと
 思っています(p174)


新版 新幹線から経済が見える (祥伝社黄金文庫)
小宮 一慶
祥伝社
売り上げランキング: 613,160

【私の評価】★★★☆☆(72点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 「新幹線」から見える日本経済
第2章 「野立て看板」からみる企業経営
第3章 ビルのクレーンが地価を教える
第4章 新幹線の空席と景気の関係
第5章 フルムーン夫婦の旅行増加からわかる経済状況
第6章 進む鉄道のハイテク化
第7章 新幹線のサービスから見えること


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む