「のび太でも売れます。」酒井 晃士

| このエントリーをはてなブックマークに追加

のび太でも売れます。 トップセールスが明かす世界一ゆるい営業術

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■その頼りない雰囲気から
 「のび太」と呼ばれた著者が、
 営業で成果を出すコツを教えます。


 それは自分を変えるのではなく、
 自分らしさを生かすこと。


 自信がないなら、
 素直な人間性を認めてもらう
 ということです。


・大切なのは、素直に人間性を開示して、
 飾らずに自然にお客さまとつながっていけるような
 自分をアピールすること(p28)


■「のび太」は、
 お客さまに寄り添います。


 毎週、お客さまのところに
 足を運びます。


 愚直に
 お客さまのニーズに合った
 提案をするのです。


・僕は、立ち話でもいいから週1回5分、
 月に4回はお客さまとお会いする
ことを
 推奨します(p94)


■確かに優秀な営業マンもいいけど、
 人間味のある営業マンも 
 お付き合いしたいと思うもの。


 自分を否定するのではなく、
 自分の個性を活用するのです。


 酒井 さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・僕の周囲にいるトップセールスたちは、
 必ずしも「完璧な人」ではありません・・
 逆に、「自分は完璧ではない」という点を
 自覚しているからこそ謙虚になり、
 人間的魅力を醸し出しているのです(p31)


・人から「暗い」と言われてしまうのなら・・
 明るい暖色系の色を身につけることを
 提案します(p40)


・ノルマを追いかけるより、
 お客さまに寄り添おう!(p60)


・営業で大切なのは、
 名前を「覚えよう」とするのではなく、
 名前を「呼ぼう」と意識すること(p117)


・恥ずかしくて相手の目が見られないのなら・・
 「ネクタイの結び目」を見るようにする(p122)


・直行や直帰を極力しないことを
 推奨します(p158)


・「前は少し苦手だなと思ったけど、今は平気」
  という人が重要な人脈になることも
  結構あります(p166)


【私の評価】★★★☆☆(73点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

プロローグ のび太くんが見た悪夢
第1章 「のび太くん」でも自信を持つためには
第2章 嫌な営業の仕事と向き合うためには
第3章 お客さまといい関係を築くためには
第4章 コミュニケーション下手を克服するためには
第5章 自分なりにでも成長を目指すのなら
第6章 折れた心を回復させるためには


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)