「デセプション・ポイント」ダン ブラウン

| このエントリーをはてなブックマークに追加

デセプション・ポイント〈上〉 (角川文庫)デセプション・ポイント〈下〉 (角川文庫)

【私の評価】★★★★☆(82点)


■巨大な国家予算を使うNASAが、
 地球外生命体を発見する!
 という事件から、
 この物語ははじまります。


 この事件を利用して再選を狙う大統領は、
 真相を知っているのか。それとも?


 この事件の真相を調査する 
 次期大統領候補の娘が出てくるのが
 わざとらしいところですが、
 ドキドキワクワクを作るためには必要なのでしょう。


■映画を見るように楽しめました。


 ブラウンさん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・巨大なモザイク画の壁面に、NROの方針が謳われている。
 平時にも戦時にも、国際情報の分野における
 合衆国の優位を確保する(p27)


・ワシントンで"高低法"と呼ばれるこの方策は、
 軍事上の戦略から借用されたものだ。
 "敵と相対するときは二方向から攻めよ"(p342)


・ばか高い営業税を払わされたあげく、
 政府はその税金を使ってこっちの顧客を
 横どりするんだからな!(p374)


デセプション・ポイント〈上〉 (角川文庫)
ダン ブラウン
角川書店
売り上げランキング: 33,674

デセプション・ポイント〈下〉 (角川文庫)
ダン ブラウン
角川書店
売り上げランキング: 28,042

【私の評価】★★★★☆(82点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)