「仕事の9割は世間話」高城 幸司

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事の9割は世間話 (日経プレミアシリーズ)

【私の評価】★★★★☆(84点)


■外回り営業マン向けの
 「世間話のすすめ」です。


 落語にマクラがあり、
 スピーチにツカミがあるように、
 営業にも世間話が必要です。


 もちろん世間話が主ではありませんが、
 雰囲気づくりのためにも
 事前に考えておきたいものです。


・世間話は「狙い=目的」が必要・・・
 ■ラポール構築(話を聞きたくなる場づくり
 ■本心を聞き出す・・
 ■トスアップ(本題の重要性を認識させる)(p43)


■世間話で注意すべきポイントは、
 お客さまの興味のあること
 ネタにすること。


 うまく仕事の話につなげること。


 配慮のある世間話を通じて
 自分という人間を
 さりげなく売り込むことです。


・立場が上席になればなるほど、
 世間話が重要と認識していました。
 それは人柄を世間話によって見抜くからです(p63)


■そういう意味で、
 お客さまとの打ち合わせの前には
 徹底した情報収集が不可欠です。


 情報の差が世間話の差になって
 出てくるのでしょう。


 高城さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・初対面で交わす世間話の工夫・・・
 「この仕事をして10年以上になりますが・・・」
 「厳しいご要望をいただけると燃えますね」(p145)


・世間話をしながら巧みに
 2回目のアポイントを引き出すには
 どうしたらいいでしょうか?・・・
 相手の悩みや困ったことを聞き出し
 「それはお困りですね。
 では、次回までに調べてみます」(p29)


・ある宅配ビザチェーンの社長と・・・
 「米粉入りでしっとりモチモチしている
 御社のピザ生地が大好きです。
 私はトッピングにコーンを必ず注文します。
 春の新作は何ですか?」(p49)


・「ちなみに・・・当社からの提案だと
 最終決定者はどなたですか?」と質問してみれば、
 「今回は管理部長だね」とあっさり情報が
 入手できるかもしれません(p150)


・相手のプライドを傷つけることなく話題を転換する・・
 「とても興味深い話です。
  別の機会に詳しく教えてください」・・
 「もっと詳しくお聞きしたいところですが、
  時間が足りなくなりました」(p195)


・相手にきつい言葉をかけないと
 いけない時などにも世間話は有効です・・
 「最近はどんな本を読んでいるのかい?」・・
 「査定はB」と断定的に切り出すより
 ずっとよかった(p68)


仕事の9割は世間話 (日経プレミアシリーズ)
高城 幸司
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 260,972

【私の評価】★★★★☆(84点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

序章 なぜ、世間話が大切なのか
第1章 人間関係は世間話から始まる
第2章 お天気ばかりが世間話ではない―こんな人の世間話はNG
第3章 世間話には「狙い」が必要
第4章 では、何を話題にすればいいのか?
第5章 うまくいく世間話のための段取り


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む