「7カ国語をモノにした人の勉強法」橋本 陽介

| このエントリーをはてなブックマークに追加

7カ国語をモノにした人の勉強法 (祥伝社新書331)

【私の評価】★★★★☆(80点)


■なんと7カ国語をマスターしたという
 著者の語学勉強法です。


 基本は、楽しいと思える
 DVDを徹底的に見ること。


 そして、小説を読むことです。
 もちろん、おもしろい小説です。


・私は語学学習の際には、
 必ずテレビドラマのDVDと小説を
 使用することにしています。
 最初のうちは、『星の王子さま』と
 『ハリー・ポッタ』でした(p39)


■そして、出てくる単語を
 重要なものから暗記する。


 それも単に暗記するのではなく、
 どんな文脈の中で使われているのか


 他の類義語とどのような
 意味の差があるのか。


 そういった細かいところまで
 調べて記憶することで、
 理解度、応用度が高まるのです。


・個人的な目標として、中級以上の語学学習の場合、
 1日あたり10個を目標にしました。単語帳的な
 暗記であれば、もっとたくさん覚えられるでしょうが、
 ていねいに覚えていくのであれば、
 こんなものです(p49)


■最後は、必要に迫られないと、
 勉強は進まないとのこと。


 だから留学したりすると、
 語学力が伸びるのでしょう。


 やらなくてはならないとき、
 人はすごい力を出すのですね。


 橋本さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・教材は好きなジャンルから選んでいい(p38)


ひたすらDVDを見ていました。
 1話45分×40話あるシリーズを、
 3日間で見たことも何度かあります。
 膨大な量の文章がこれで頭に入りました(p47)


・重要なのは、外国語の文字列と
 その日本語訳を暗記することではなく、
 じかに音声と概念とを結びつけることです(p32)


・長期でじっくりやるのと短期で集中してやるのでは、
 経験上、後者をお勧めします。例えば、1週間に1回を
 数年続けるのと、1カ月間毎日数時間やるのでは、
 後者のほうが圧倒的に効果を上げられます(p57)


・周囲の世界と言葉を結びつける必用性がある・・ 
 必要性や必然性と結びついた言葉は、
 自然と身につきます(p28)


7カ国語をモノにした人の勉強法 (祥伝社新書331)
橋本 陽介
祥伝社
売り上げランキング: 8,436

【私の評価】★★★★☆(80点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 外国語ができるということ
第2章 音声と語彙を習得する
第3章 文法を習得する
第4章 多言語を習得する


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)