「「情」と「知」のリーダーシップ」童門 冬二

| このエントリーをはてなブックマークに追加

「情」と「知」のリーダーシップ

【私の評価】★★★★★(90点)


■夏目漱石は「草枕」で、

 智に働けば角が立つ
 情に棹させば流される
 意地を通せば窮屈だ

 と言っています。


 とかく組織というものは、
 バランスが難しいもの。


 著者は、「情」と「知」との
 バランスが大事だと言っています。


・木下藤吉郎の堀修理の話・・・
 ◎自分でやってみる。
 ◎そのうえで、緻密な計画を立てる。
 を基にして、
 ◎仕事を細分化し、・・ひとつひとつに目標を設定する。
 ◎人間の競争心をかき立てる。(p100)


■組織のリーダーには、
 責任はもちろんですが、
 いろいろ考えるべきことがあります。


 先をみた実行可能な方針。

 方針を示して、詳細は考えさせる。

 やるべきは断固してやる。

 修正すべきは、即指摘する。

 他人への心配り。


 部下は上司の采配を受けながら、
 観察しているのです。


・あまり先のほうを歩かない。
 部下がついてこられるように、
 一歩か一歩半くらい先を歩く。(p125)


■とかく、組織は生きにくい。


 イギリスで引きこもりになった
 夏目漱石の気持ちがわかったような
 気がしました。


 童門 さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・才走った人は、とかく、
 部下が問題解決するのを待てず、
 自分で断を下しがちだが、
 それでは部下が育たない(p112)


・無理難題を吹っかけて、管理者の管理能力を
 試そうなどという挙に出る部下は厄介だ・・・
 部下のわがままは、決して容赦しない・・
 管理者を舐めつづける部下には、
 やはり厳しい態度が必要だ(p152)


・黒澤明さんは世界的な映画監督だったが・・・
 セット撮影に入る前に、黒澤監督は、
 スタッフや出演者全員に、必ず、
 濡れていない雑巾を持たせて、
 セットに組まれた大道具をから拭きさせる(p38)


・家康公は、お若い頃から、あまりものごとを
 はっきり仰らなかった。特に人については慎重だった・・
 上に立つ者は、下の者のことがよく分かる。
 だから、そこであれは良いとか、これは悪いとか
 言ってしまえば、下の者はそれで士気を阻喪してしまう(p87)


・普通、「俺の宝は、
 俺のために生命を捨てる五百人の部下だ」
 などとはテレくさくて言えない。
 しかし、それを敢えて口にするところに、
 家康の真骨頂があった(p78)


「情」と「知」のリーダーシップ
童門 冬二
PHP研究所
売り上げランキング: 430,477

【私の評価】★★★★★(90点)



この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■楽天ポイントを集めている方はこちら『いいね!』


■目次

序章 管理者としての原点を忘れていないか!
第1章 「情」のリーダーシップ―温かさのない人にはついてこない
第2章 「知」のリーダーシップ―部下の能力をどこまで高められる
第3章 「一体感(共感)」のリーダーシップ
 ―「情」と「知」が人と組織を変える


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)