「本能寺の変 431年目の真実」明智 憲三郎

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)

【私の評価】★★★★★(93点)


■織田信長にいじめられていた明智光秀が、
 本能寺で信長を討った・・・
 というのが、普通の人の認識でしょう。


 この定説に真っ向から反論するのが、
 この本の著者であり、
 明智光秀の子孫である明智さんです。


 著者の説は、信長は、
 光秀を使って本能寺で家康を暗殺しようとし、
 逆に、家康に寝返った光秀
 信長が殺されたといういもの。


・信長と光秀との間で本能寺での家康討ちの段取りが
 決められていた。光秀と家康は、それを逆手に取って
 どのように信長討ちを実行するか、
 家康は本能寺の変の勃発をどうやって早く知って
 堺から脱出するか、など
 具体的な段取りが相談されたはずだ(p203)


■光秀が家康に寝返った理由は、
 信長の四国の長宗我部征伐です。


 四国の長宗我部氏は土岐氏。
 光秀も土岐氏だった。


 土岐氏とは、桔梗を家紋とする
 足利幕府で一大勢力となった名門。


 一時は、信長と長宗我部氏は光秀を介して
 同盟関係にあったのですが、
 信長は長宗我部氏討伐
 方針を転換したのです。


・光秀が土岐一族であったことは、
 光秀と交流のあった公家の立入宗継が
 『立入左京亮入道隆佐記』で光秀のことを
 「美濃国十人時の随分衆なり」、
 つまり土岐氏の位の高い人と書いていることでも
 裏付けられる(p97)


■歴史の面白さはここにある!
 と思いました。


 限られた資料の中から、
 当時の人の心の動き、情勢を
 推察すること。


 これこそが歴史の面白さなのでしょう。


 明智さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・光秀にとって長宗我部氏は単なる同盟者ではなく、
 土岐石谷氏という縁戚を通じて「長宗我部氏も土岐一族」
 という一族意識のもとに同盟を形成していたのでは
 なかろうか・・長宗我部氏が織田軍により滅亡の危機
 直面したのだ(p124)


・信長が義明を担いで上洛し、樹立した政権は、
 義明・信長の二重政権で、何事も幕府と信長が
 共同統治する形をとっていた。この二重政権において
 光秀は幕府方の行政官として信長方と共同して
 執務を行っていたのだ。・・(p68)


・松井康之をはじめとする細川家中の者は、
 かねてから光秀の出世を複雑な思いで
 見ていたことであろう。昔は藤孝に仕えていて、
 しかも自分たちより身分の低かった光秀が
 天下を取ってその風下に立つことを
 快く思わなかったはずだ(p280)


・秀吉の頭には信長の唐入りが
 光秀の謀反を招いた
ことがこびりついており、
 自分の唐入りの際には謀反が起きることを
 極度に警戒し、着々と手を打ったのだ(p309)


・明治政府は家康によって破却された豊国神社を
 再興して秀吉を神として祀り、逆に徳川幕府の
 平和国家・善隣外交の理念と仕組みを破却した。
 その結果、昭和の時代に至って再び唐入り
 (中国大陸侵攻)へと進んでしまった・・(p324)


【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)
明智 憲三郎
文芸社
売り上げランキング: 51

【私の評価】★★★★★(93点)



この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

◆第一部 作り上げられた定説
◆第二部 謀反を決意した真の動機
◆第三部 解明された謀反の全貌


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む