「夢とお金をつかむキャリアのつくり方」逢坂ユリ

| このエントリーをはてなブックマークに追加

夢とお金をつかむキャリアのつくり方

【私の評価】★★★★☆(86点)


■金融機関に勤務しながら、
 不動産で10億円もの資産を形成した
 著者の仕事術です。


 単なる仕事術ではなく、
 5年後、10年後を見据えた計画を
 考えているところがすごい。


 収入をフローからストックに変える
 という長期計画があったからこそ、
 10億円もの不動産を
 所有することができたのでしょう。


・私の場合、手帳は4つを使い分けます。
 第1は、5年手帳です。・・・
 目標や予定をひと言、書き込んでいます。
 Work(仕事)・Health(健康)・Investment(投資)
 Love(愛情)・Exercise(運動)・Beauty(美)(p80)


■仕事については、何事にも
 プロとして徹底しているという印象。


 1時間前出勤、
 休日の仕事は当たり前。


 社内外の人脈形成にも、
 気を配っています。


 それでも、
 順風満帆壁ではなく、山あり谷あり、
 精神的に落ち込むようなことも
 あったようです。
 

・ミスやトラブル、スランプそのもので
 人は失敗するのではありません。
 そうした出来事を精神的に乗り越えられるか
 どうか
が鍵なのです(p165)


■どのようなことがあっても、
 落ち込まず努力を続ける。


 プロとして仕事をしながら、
 自分の人生も計画する。


 こうした長期的視点と継続的な努力が、
 なりたい人生を作るうえで
 大事だと感じました。


 逢坂さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・仕事のデキル人というのは・・オリジナルな
 データベースをつくっているものです・・
 顧客別に数年分の財務データやニュースリリース
 された情報を自分のパソコンにインプットして
 いるのは当たり前。(p90)


・新しい会社に転職すると、社内のいろいろな人、
 特に上司、役員などと食事の約束を取り付け、
 ご馳走になったときはその晩のうちに一筆、
 お礼状をしたため翌朝、朝一番の社内便に
 乗せていました(p120)


・コミュニケーションの第一歩は、
 相手と何かを共有することだと思います・・
 初対面の相手とは必ず共通の話題を最低3つ
 見つけるようにしていました(p111)


・短期的には運やツキが伴わないことがあります・・
 ひとつの有力な方法が、成功している人に
 ついていく
ことです(p188)


・「仕事のプロ」になることを目指すには・・
 3年程度を1セットとして、
 仕事の職種や勤める会社、
 そこでの働きかたを
 思い描いてみるとよいでしょう(p57)


・自分が5年後、こうなりたいと描いている
 イメージに合ったブランドを身に付けることを
 心がけてきました(p193)


夢とお金をつかむキャリアのつくり方
逢坂 ユリ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 136,943

【私の評価】★★★★☆(86点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

 脱・下流社会のススメ
 涙と笑いのマイ・ストーリー
 キャリアデザインの描きかた
 ライバルに差をつける「仕事術」
 転職は戦略的に、しなやかに
 メンタル・コントロールこそ成功への近道
 人生をセルフ・プロデュースする


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)