「いつも目標達成している人の「人の心を動かす」NLP会話術」池江 俊博、内海 透

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも目標達成している人の「人の心を動かす」NLP会話術 (アスカビジネス)

【私の評価】★★★★☆(85点)


■だれでも

 「分かりやすく話したい!」

 と、考えていると思います。


 しかし、

 自分の話がちゃんと伝わっていない。

 誤解されることがある。

 話が分かりにくいと言われてしまう。


 そんなあなたに
 ぴったりの一冊かもしれません。


・うまく話すことはできなくても、
 「話すべき内容を話すべき相手に
 正確に伝えられるようになる」
 方法を学べば良いのです(p123)


■まず、
 相手の立場になれるのか、
 ということ。


 そして、
 相手との人間関係は
 できていますか?


 自分で話す前に、
 相手の話を聞いて、
 受け取っていますか?


 そうした前提条件をクリアすれば、
 良いコミュニケーションができるのです。


・「でも・・・」という前に、
 「ああ、なるほど。」とか
 「そういう考えもあるね。」と、
 一旦受け入れることを試してみてください。
 そして、その次に「でもね」と言わずに、
 「そう考える訳を教えて」
 と話を展開させていくといいでしょう(p143)


■できれば、
 あなたの感じたワクワクを
 話に加えてみましょう。


 話がイキイキしてきて、
 相手に話が伝わりやすくなりますよ。


 池江さん、内海さん
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


相手のメッセージをまずは
 受け止める
ということが大切です。
 そして次に改めてストロークを送るのです。
 不平不満の多い人はさびしい人が多いと
 思いませんか?(p51)


・できないことを抱え込むのではなく、
 できないことはできないと周囲に伝えなくては
 誰もわかってくれません・・・
 少しずつできるところからやればいいのです(p202)


・・・・会社を定年退職してから
  やりたいことは何ですか?
 ・どうすればできるようになりますか?
 ・そのために明日から始められることは
  何ですか?(p108)


・会話中、相手と目を合わせられない・・・
 「目を合わさないことで何が得られますか」
 「目を合わせることで何が得られますか」
 「もし目を合わせたらどうなるのですか」(p141)


いつも目標達成している人の「人の心を動かす」NLP会話術 (アスカビジネス)
池江 俊博 内海 透
明日香出版社
売り上げランキング: 89,835

【私の評価】★★★★☆(85点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

1章:場をつくる
2章:しっかり聴くことがコミュニケーション
3章:しっかり伝わる話し方
4章:他人とのコミュニケーションとは自分とのコミュニケーション


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む