「「人を動かす人」になれ!すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」永守 重信

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

「人を動かす人」になれ!―すぐやる、必ずやる、出来るまでやる

【私の評価】★★★★★(90点)


■日本電産の創業者、永守さんの一冊です。


 40年で従業員10万人以上の企業を
 作りあげた人の考え方はすごいの一言でした。


 とにかくハード。


 2倍仕事をして納期半分なら
 仕事はとれるのでしょう。


・「倍と半分の法則」・・・
 他社が八時間働いているのなら、
 わが社は倍の16時間働く。・・
 他社の納期が二カ月かかるところなら、
 われわれは一ヶ月で治めることが可能になる(p156)


■そして、そのために
 優秀な人を採用するのではなく、
 普通の人を教育する。


 若手は1叱りつけ、9褒める。
 中堅は5叱りつけ、5褒める。
 リーダーは9叱りつけ、1褒める。


 褒めるにしても、
 一人ひとり手書きで手紙を書いて
 褒めちぎる。


 人を見て、手間暇かけて、
 人の意識を高めることに
 注力しているのです。


・わたしが率先して手紙を書く。
 社員を褒めるとき、叱るとき、あるいは電話を
 すれば一分で済むことでも、
 わざわざ手紙にすることも多い。・・・
 かつては年に三回、・・全社員に自筆の手紙を書いて、
 そのなかで社員を褒めちぎった
(p91)


■原因と結果の法則を思い出しました。


 日本電産の成長には、
 原因があるということです。


 凡人を集め、育て、一人前にする。
 凡会社を買収して、育て、一人前にする。
 これはすごいことだと思いました。


 永守さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・自らを磨いて鍛え直し、
 大きな愛情を持って指導を行う。
 これに意気を感じた部下が期待に
 応えてくれるのである。
 自分が投げた力以上のボールが
 返ってくることはない
(p41)


・わたしのいう人情の機微とは温情と冷酷さを合わせ持ち、
 この相反する二つの感情のバランスを
 いかにうまくとるかということである(p140)


・女性に指示を出したり、注意を与える。
 あるいは、何か訴えごとを聞くような場合には、
 男の三倍の時間をかけるようにいっている(p120)


・経営者には社員に対して、「もっと働こう」と
 胸を張っていえる信念と自信が不可欠である。
 社員にこう訴えるかぎりは、経営者は社員の
 二倍、三倍働かなくてはいけない(p175)


・人に関するかぎり「ムダ」という言葉はない。
 たとえ100人のうち一人でも変わってくれる
 可能性があるのなら、その100人全員にやれることは
 すべてやってみるというのが私の信念である(p223)


・会社各部門の役割・・・自分なりの解釈を加えて
 部下一人一人の仕事の中に落とし込んで、
 具体的に何をすべきかの目標を与えて、指示を出す・・
 進捗具合のチェックやフォローも行い、
 目標を達成するまで見届ける。(p73)


・ベンチャー企業が忘れてならないキーワードは、
 「売ってからつくる」こと。(p201)


「人を動かす人」になれ!―すぐやる、必ずやる、出来るまでやる
永守 重信
三笠書房
売り上げランキング: 10,563

【私の評価】★★★★★(90点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

序章 「一番以外はビリと同じ」と考えろ!
1章 「人を動かすのがうまい人」のこのやり方
2章 指示の出し方―何をどう話すか
3章 叱り方、褒め方1―人を動かすこのノウハウ
4章 可能性を秘めた人間を見抜く、育てる
5章 女性、中途採用―相手によって手法を変えろ!
6章 叱り方、褒め方2―"部下"を動かすこのルール
7章 理屈で人は動かない!だから―
8章 リーダーの敵は、妥協である
9章 組織を動かす人が絶対知らなければならない「考え方」
10章 1回でダメなら、20回続けよ



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む