「リクルートで学んだリーダーになるための77の仕事術」小倉 広

| このエントリーをはてなブックマークに追加

リクルートで学んだリーダーになるための77の仕事術

【私の評価】★★★★★(92点)


■リクルートといえば、
 年間1000億円以上のキャッシュフローを
 生み出す巨大情報企業です。


 その本質は、強力な営業力と
 企画力にあります。


 徹底した実力主義と、
 自律性を持った人材が
 それを支えている。


 著者はそのリクルートの中で
 人間力と仕事力を鍛えられました。


・リクルートでは、新入社員に対しても・・・
 「おまえはどうしたらいいと思う?
 「で、結局おまえはどうしたいの?」(p20)


■著者がリーダーとしての経験から、
 気づいたことがあります。


 それは、正しいことが、
 必ずしも正しくないということ。


 上司がこまかい仕事まで
 丁寧に指導すれば
 仕事の質は上がります。


 ところが、
 部下のモチベーションは下がる。


 自分の考えた仕事の方法を否定され、
 修正され、注意されれば、
 やる気をなくす人が多いのです。


・管理職が小舅のようにこまごまと口を出せた出すほど・・
 「正しさ」は上がるかもしれないが・・・
 「共感性」はどんどん失われていく・・・
 実はチームの成果を落としている(p92)


■著者の言いたいことは、
 論理的に正しくても、
 部下がついてこないことがある。


 一方で、正しくなくても
 部下がついてくることもある。


 つまり、

 「人は理論で考え、感情で判断する」

 ということです。


 まず、部下との信頼関係を作る。


 信頼残高を積み上げて、
 そこから残高を引き出しながら、
 指導していくことが大事なのですね。


・関係ができるまでは、
 言いたいことがあっても我慢し、
 厳しく接することをしない(p192)


■小倉さんの圧倒的な経験談に、
 心が動かされました。


 失敗もいっぱいしている。


 そこから学び、
 一歩一歩踏み出している姿に
 共感しました。


 小倉さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・営業マン一人一人に四半期目標、月間目標、
 週間目標が設定され、毎日営業日報として
 全営業マンの達成率ランキングが配信されていました・・
 上司や先輩などが発破をかける必要がなくなる(p37)


・できるヤツとできなヤツを分ける違い
 職場の問題や課題を「他人ごと」とせず
 「自分ごと」として本気で取り組む姿勢。(p69)


・「まずは先にパンツを脱げ」・・
 自己開示してオープンに話す(p68)


・自らピンチをつくりだし、
 そのピンチにより自らを変えよ(p114)


・「直観」で概略をつまみ取り、
 「論理」で検証する・・・
 ものごとの核心に迫っていく(p120)


・上司は、中途半端な介入をせず、
 任せるべきは部下へ任せよ・・
 上司は、部下が失敗し自ら気づく機会を
 奪ってはならない(p133)


・リーダーにプライベートはない。
 二十四時間、あらゆる場面で人々を奮い立たせ、
 やる気にさせることのできる人が
 本物のリーダーです(p174)


・「お客さまのため」「仲間のため」・・・
 部下を叱るときにフレーズとして
 使っている(p193)


リクルートで学んだリーダーになるための77の仕事術
小倉 広
ゴマブックス (2014-12-23)
売り上げランキング: 36,445

【私の評価】★★★★★(92点)


■目次

第1章 リクルートで学んだ新入社員の仕事術19
第2章 リクルートで学んだ中堅社員の仕事術15
第3章 リクルートで学んだ専門プロの仕事術15
第4章 ベンチャー企業で学んだ管理職の仕事術16
第5章 自社経営で確立した社長の仕事術12


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

Googleのお薦め記事

>月別(2002年7月~)