「リーダーは話を1分以内にまとめなさい」沖本 るり子

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダーは話を1分以内にまとめなさい

【私の評価】★★★★★(93点)


■30代前半で取締役となった著者が教える
 リーダーのコミュニケーション術です。


 前半は、声掛けや、挨拶など
 標準的なノウハウが続きます。


 著者は現役時代は、
 「こんなこともできないの?」
 といった優秀な人にありがちなタイプ。


 そのため、
 相手の気持ちに立ったやる気を促す
 ノウハウが多いのでしょう。


・常に「確認」のスタンスで声を掛ける・・・
 「あれ?いつもより元気がないように見えるけど、
  大丈夫?」(p16)


■そして部下にはいろいろなタイプがいますので、
 それぞれに適切に対応する必要があります。


 実力があるのに、自信がないタイプ。


 文句ばかり言って、代案を出さないタイプ。


 感情的になって暴言を吐くタイプ。


 仕事を抱え込んで独りで仕事をしているタイプ。


 こうした人たちと苦労したことで、
 この本のネタが集まったのでしょう。


・問題を提起するばかりで、
 解決策や改善策をまったく出してこないんです・・
 「へー。その人は職場にとって、
  すごく貴重な人財ですね」(p39)


■実用的で適切なアドバイスが
 印象的でした。


 かなりの苦労をされた方と
 お見受けしました。


 沖本さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・気になったときは、
 「何かあればいつでも相談に乗るよ」と、
 ひと声掛けるだけで十分です(p20)


・部下が新規のお客様とアポイントをとるたびに、
 「よく頑張っているね」と声を掛けています(p26)


・自分に自信が持てない人には、
 「あなたはできる人です」と、
 周囲がまずその人を承認してあげることです(p52)


・間違うことは問題ではなく、
 その間違いに気づいていながら注意もできない
 リーダーのいるような会社とは
 取引したくない(p62)


・すぐに感情的になる部下・・・ダメなんですよ!」
 「なるほど。君の言っていることは理解したよ。
  なんとか解決する方向で考えよう

  今の話の要点は・・・(p86)


・1分以内に社外の交流会で自己紹介するポイント・・
 自社の事業を一言で話す→
 自分の会社での役割を話す→
 名刺交換で聞きたいことを話す(p195)


リーダーは話を1分以内にまとめなさい
沖本 るり子
中経出版
売り上げランキング: 188,955

【私の評価】★★★★★(93点)



■目次

01 部下に声を掛ける
02 部下をほめる/部下を叱る
03 部下に頼む
04 部下の話を聞く
05 リーダーとして意見を言う


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへblogrankings.png


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む