「世界一受けたいお金の授業: 一生お金に困らない「稼ぐ、使う、貯める」技術」和仁 達也

| このエントリーをはてなブックマークに追加

世界一受けたいお金の授業: 一生お金に困らない「稼ぐ、使う、貯める」技術 (知的生きかた文庫)

【私の評価】★★★★☆(80点)


■高校生にコンサルタントが教える
 お金の授業です。


 社会人となったときに
 直面するのはお金の話。


 ところが、お金の授業は、
 学校のカリキュラムにはありません。


 そういう意味で、この本(授業)は、
 画期的ではないでしょうか。


 まず最初は、
 お金の使い道を学びます。


・お金の使い方には2種類あります。
 「自分の価値を上げるお金の使い方」と
 「自分の価値を下げるお金の使い方」です(p15)


■お金の使い方で、
 その人の未来がわかります。


 ブランド品を買いまくる人がいると思えば、
 ギャンブルにお金を使う人もいる。


 面白そうな人のセミナーに行く人もいれば、
 趣味のサークルで楽しんでいる人もいる。


 いつも収入を使いきってしまう人もいれば、
 必ず決まった金額を残す人もいる。


 お金の使い方とすれば、
 「読書」と「人との食事」が最も効率が良い、
 という結論に納得してしまいました。


・誰にでもできて、最もリーズナブルな投資は、
 「」と「2人きりのランチ」です。(p133)


■これだけのお金の授業を
 全国の学校で行ったら、
 お金持ちがさらに増えそうです。


 ぜひ、この本を読んで
 お金持ち、人持ちになって
 いただきたいと思います。


 和仁さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・将来、収益を生む可能性のあるもの、
 人との縁をつくり深めるものには、
 僕は思いきってお金を使います(p21)


・「給料の3倍稼げ」の意味とは?・・・
 会社は、社員が受け取る報酬の他に、
 社会保険を負担したり、採用費や退職金などの
 人件費も負担しています。また、人件費と
 同等近く「その他」の固定費がかかります(p99)


・なぜ『円』単位ではなくて、『千円』単位で
 書かなくちゃいけないのですか?・・・
 それは、3桁ごとにコンマ「,」を入れるのが
 世界的な会計ルールだからです(p161)


・島田紳助さんは、気になったお店には
 何度も足を運んで、店の人と仲良くなって、
 1カ月の客数や原価率などを聞き出すそうです(p164)


【私の評価】★★★★☆(80点)


■目次

1限目 お金持ちのお金の考え方・貧乏人のお金の考え方
2限目 会計を学ぶ前に、家計を学ぼう
3限目 会社の数字を読める人・読めない人
4限目 新聞から、10分で世の中の動きをつかめる
5限目 ランチタイム10分の会話で「人」を見抜く!
6限目 オーダー待ち10分で、「お店の儲け」を見抜く!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへblogrankings.png


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)