「東大家庭教師が教える 頭が良くなる思考法」吉永 賢一

| このエントリーをはてなブックマークに追加

東大家庭教師が教える 頭が良くなる思考法 (中経出版)
kindle】【Amazon書籍版

【私の評価】★★★★★(90点)


■頭の良くなる思考法とは、
 自分の課題への対応法です。


 だれでも、こうなりたい、
 成功したい、幸せになりたい、
 と思っているはずです。


 その思いを効率的に合理的に
 達成する方法論です。


・自分なりの定義を探っていってください。
  「私にとっての『幸せ』とはどんな状態だろうか?
  「私にとっての『難しい』とはどのような状態だろうか?」
  「私にとっての・・(p199)


■自分はどうしたいのか、
 どういう状態で死にたいのか、
 よく考えるということです。


 もし、自分の目指すところが決まったら、
 それを細分化します。


 そして自分のできることを
 リストアップする。


 リストアップした項目は、
 優先順位をつけつつ、
 テストしてきます。


・「問題」を絞る・・・
 人間が一度に集中してとり組めることは、
 ひとつしかない(p49)


テストするという思考は、
 とても重要です。


 小さくやってみる。


 たとえば、メルマガをやるなら、
 毎日、曜日ごとに違うメルマガを発行する。


 ブログなら7つの別テーマのブログを作り、
 曜日ごとに投稿する。


 その中でウケるメルマガ、ブログだけを
 残していけばいいのです。


・「テスト」をする・・・
 ブログでは複数の話題を少しずつ書いていき、
 その中で評判が高かったものや
 質問が多かった話題について、
 掘り下げて書いていきます(p104)


■よくまとまっていると思いました。


 吉永さんは、本当は人間関係の
 思考法を掘り下げたかったのではないか?


 たぶん、それは次の書籍の
 テーマとなるのでしょう。


 吉永さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「コントロール外のこと」には手を出さない・・
 他人は基本的にコントロール外(p25)


・書き出すと、思考のスイッチが入る・・・
 「悩み」や「望み」を頭の中だけで考えているのは、
 まさに暗算をしているのと同じです(p41)


・「手に入れたいことリスト」を
 深く掘り下げることは、
 そうしたほんとうの「目的」に
 気づく作業でもある(p62)


・「長期の利益」を最優先する・・・
 「短期の利益」に惑わされない(p86)


・テスト中は、とことん
 「記録魔」になってください(p109)


・なんとなく不安やためらいなどを感じ、
 動けなくなってしまっているとします。
 そうしたら、まず「いったい何が不安なんだろう?」
 と探っていきます・・紙に書き出していきます(p140)


・エネルギーをつねに一定レベルで維持していくためには、
 「集中したら、しばらく休む」・・・
 私は、「タスク50分・休憩10分」を1セットとしています(p164)


・「やる気が上がったきっかけ&下がったきっかけ」
 を記録する(p206)


東大家庭教師が教える 頭が良くなる思考法 (中経出版)
KADOKAWA / 中経出版 (2012-09-07)
売り上げランキング: 1,046

kindle】【Amazon書籍版

【私の評価】★★★★★(90点)

■目次

第1章 頭が良くなる思考法
第2章 思考のプロセス(1)手に入れたい結果を「見抜く」
第3章 思考のプロセス(2)結果を手にするための行動方針を「決める」
第4章 思考のプロセス(3)「やるべきこと」をやり、「やらないこと」をやめる
第5章 良い思考が生まれる「感情」のつくり方
第6章 最高の思考を生むための「エネルギー」のつくり方
第7章 思考力を高める「毎日の習慣」


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)