「おじいさんは山へ金儲けに」村上 龍

| コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加

おじいさんは山へ金儲けに―時として、投資は希望を生む (幻冬舎文庫)

【私の評価】★★★★★(93点)


■昔むかし、あるところに
 おじいさんとおばあさんがいました・・・


 だれもが知っている日本昔話を
 ちょっとアレンジ。


 日本昔話を読みながら、
 お金について考えてみよう!
 という一冊です。


 「かちかち山」のタヌキって、
 おばあさんを殺して、
 ババア汁をおじいさんに食べさせた?


 と「実は怖い日本昔話」のようで
 面白い一冊でした。


・日本の昔話の主人公は・・正直者の良いおじいさん・
 おばあさんは必ずハッピーエンドとなる。だが実際には、
 無知で貧しい人々は、正直だろうが欲張りだろうが、
 経済的に成功するチャンスなどなかったに違いない(p5)


■確かに、日本昔話は、正直者が得をする、
 という設定になっています。


 実際には、いかに正直者であっても、
 知識や技術がなく、価値を提供できなければ、
 お金を手に入れることはできないのです。


 貧乏な人が悲惨な生活を送らざるを得ないのは、
 今も昔も同じなのです。


 (現代は、生活保護で安心して
  暮らしている人も多いと思いますが・・・・)


・技術も知識もない人は、だれかにこき使われて生きるしか
 ありません。・・・そして、だれにでもできる仕事は、
 少ないお金しかもらえません(
p119)


■単なるお金の考え方だけでなく、
 日本昔話と関連付けて、
 ブラックジョーク的な面白さがありました。


 お金について考えたい方はどうぞ。。


 村上さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・人は大人になると、何かを売って生活していかなくては
 いけません。畑で作った野菜を売る人もいます。
 魚を売る人も、肉を売る人もいますが、
 自分の技術や、才能を売る人もいます(p150)


・お金があれば避けられる不幸は数多いし、
 お金は、幸せになるために必要な物、知識、経験などを
 手に入れるうえで役に立ちます。
 しかし、お金はあくまで手段にすぎません(p158)


・あるテレビの教育番組に出て驚いたのは、
 いずれ子供が社会に出たら何らかの方法でお金を
 得なければならないということが、親や教師の間で
 常識として共有されていないことでした(村上)(p199)


・投資について、
 自分で納得できないことはしなくてもいいし、
 してはいけない(p174)


・リスクは、悪い方向にばかり働くわけではありません。
 特に、長期にわたる投資では、当初は予想できなかったような
 大きな富がもたらされることがあります(p29)


・将来の自分自身の稼ぎの能力に対して投資する・・
 ことが金銭的にも最も有効な投資だ・・・
 悲しいかな人生の残り時間が少なくなると
 低下せざるを得ません・・・資産運用の価値が
 これを補ってくれれば理想的だいうことです(p102)


・世の中には、二つの種類の人がいる・・
 弱いものをいじめて面白いと満足してしまう人と、
 それよりももっと面白いことを知っている人だ。
 わたしは、もっともっと面白いことを知りたいな(p45)


【私の評価】★★★★★(93点)

■目次

かちかち山
桃太郎
浦島太郎
一寸法師
さるかに合戦
わらしべ長者
花咲かじいさん
舌切りすずめ
鶴の恩返し
かぐや姫
笠地蔵


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)