「知の武装」手嶋 龍一、佐藤 優

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

知の武装: 救国のインテリジェンス (新潮新書 551)

【私の評価】★★★★★(92点)


■上司が読んでいたので購入した一冊。


 国際外交インテリジェンスの専門家による
 現在の国際情勢の分析です。


 テレビで報道される内容との差に愕然。


 まず、中国との尖閣諸島問題です。


 尖閣諸島については、
 中国の海洋進出の戦略の一つですが、
 台湾侵攻のための一手でもある。


 こうした確信的利益については、
 中国共産党のブレはありませんね。


尖閣問題とは、台湾有事の一つの変形と考えるべきです。
 すでに他国が実効支配しているにもかかわらず、中国が
 強固に領有権を主張する構図がそっくりだからです。
 東アジア政局における導火線は、尖閣諸島から台湾に
 いたる線なんです(佐藤)(p246)


■そして、アメリカとはTPP問題。


 TPPについては、
 自由貿易の推進という視点もありますが、
 TPP内のブロック形成という面もあるのです。


 そういう意味では、TPP参加は
 日米経済の一体化を目指すとすれば不可避であり、
 政権として進めなくてはならない課題なのでしょう。


・我々は、このTPPを自由貿易の新たな発展型と捉えがちです。
 しかし、TPPは二十一世紀の新たな「帝国」の
 一つの類型でもあると考えてみる必要がある(手嶋)(p176)


■最後は、1月17日に中国の拘束から解放された
 東洋学園大学の中国人教授、朱建栄さん。


 朱さんは、テレビなどで中国を擁護する発言を
 していましたが、それでも拘束される。


 国内の中国人は震撼していることでしょう。


 中国国内で何かが起こっている。


 対日諜報戦で中国軍と国家安全部が動いており、
 非常に危険な状況と分析しています。


・朱建栄事件は、いまの日中間で現実になにが起きているかを
 知る上で、見逃せません。・・中国に従業員を送る際には
 十分心したほうがいい
。公安当局に眼をつけられる潜在的な
 危険を抱え込むことだと肝に銘じるべきでしょう(手嶋)(p243)


■報道だけでは
 わからないことだらけでした。


 報道できないのでしょう。


 手嶋さん、佐藤さん 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・民間のかなり大事な交渉で、自社の社員に
 英語で折衝をやらせている経営者がいますが、
 危険極まりないですよね。外交の世界では決して
 そんなことはしません。外交官は・・・
 非公式な社交の場では英語で会話をしますが、
 正式な折衝では通訳を使うのが鉄則です(手嶋)(p59)


・2013年5月15日には、龍谷大学の松島泰勝教授を中心に
 「琉球民族独立総合研究学会」が創設されました・・・
 本土の政権がこれまでの惰性で沖縄の米軍基地問題を
 扱っていれば、本土から沖縄を引き離す遠心力が
 強まることは、客観的に見て確実ですよ(佐藤)(p121)


・韓国との関係改善を優先すべきです。韓国とは、自由や
 基本的人権など民主主義の価値観を共に分かち合うことができ、
 また政治指導者も国民の選挙によって選ばれるからです・・・
 安部政権も韓国に対しては、あえて大胆な譲歩をして見せる
 覚悟があってもいい(佐藤)(p126)


・第二次世界大戦が始まると、祖国イギリスを裏切って
 ドイツのスパイになる怖れがあるというので、英仏海峡に
 浮かぶマン島に潜在的なスパイとされる人々を強制移住
 させたんですね・・なんと九万人ですよ(佐藤)(p186)


・カトリック教会畏るべし。日本では、
 インテリジェンス機関としてのカトリック教会には、
 驚くほど注意が払われていません。
 しかし、インテリジェンスの世界では、
 バチカンの存在にはじつに重いものがあります(手嶋)(p215)


・日本版NSCをひとことで言えば、究極の有事に遭遇して、
 日本が戦争に突き進むのか否かを決める機関といって
 いいでしょう(佐藤)(p219)


知の武装: 救国のインテリジェンス (新潮新書 551)
手嶋 龍一 佐藤 優
新潮社
売り上げランキング: 176

【私の評価】★★★★★(92点)

■目次

1 激流
 第一章 アジア安保としての東京オリンピック
 第二章 飯島訪朝の怪
 第三章 サイバー時代のグレート・ゲーム
 第四章 東アジアに嵐呼ぶ尖閣問題
 第五章 海洋覇権のなかのTPP
2 深層
 第六書 インテリジェンスの生態史観
 第七章 超大国のインテリジェンス文化
 第八章 「日の丸インテリジェンス」はまた昇る


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む