「運」斎藤一人、柴村恵美子

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

運

【私の評価】★★★★☆(89点)


■銀座まるかんの斎藤一人さんの
 「運」のお話です。


 「運」とは、努力して成功した人が、
 謙虚なので口にする言葉
だそうです。


 そういえば、だれも

「成功したのは自分の実力です」

 なんて言いませんね。


 そんなことを言っていると、
 足を引っ張られる。


・"運がいい"というのは、
 努力した人間が謙虚になって言う言葉なんだよね。
 成功した人が、「私は成功するためにこれだけ努力を
 したから成功しました」って言うと嫌味に聞こえるの(p26)


■この本で衝撃を受けたのは、
 最後の「覚悟」のお話。


 成功しない人は、
 「覚悟」がない
だけなんだと。


 世の中の問題は、カンニングできるし、
 いつも問題は同じなんだ。


 その答えを見つけて、
 答えを出せば、
 神様は100点をくれるのです。


 そんなのは、
 成功するまで頑張る「覚悟」さえあれば
 簡単なんだ、
 ということです。


・まずいから客が来ないんだよ・・・
 お客が答えを教えてくれるんだよ・・
 いいお店だったらもっと増えるに決まっているんだよ・・・
 だから改良改良するんだよ。
 最初っから正しい答え出せなくても、 
 改良するんだよ。(p166)


■素直に学び、実践して、答えを出す。


 これに尽きるわけですね。


 一人さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・困ったことは起こらないよ。
 もし困ったことが起こったら、
 それは学ぶときが来ただけ
だよ(p128)


・まず運のいい人って愛想がいいよね。
 愛想が悪くて人から嫌われているような人で
 運のいい人っていないんです。
 人に嫌われているという時点で、
 もうすでに運が悪いんです(p20)


・神は自分を助ける人を助けるんです・・・
 だからサラリーマンは、「いい会社に勤めたい」って
 自分が言うんじゃなくて、「いい社員を雇った」って
 会社に言ってもらえればいいの。
 それって、会社にどれくらい得をさせるかなんだよ(p29)


・一番大切なのは、とにかく一歩、前に進むことなんです・・
 とにかく目的に向って歩いていると、
 必ずそこに近づいていくことができるんです(p47)


・食べすぎて太ればデブだって言われるに
 決まってるんだよ、そんなもんは。・・・
 「それが何か?」って平気で言えなきゃいけないんだよ・・
 「やせたいやつはやせればいいけど、私は食いたいんだよ」
 って。要するに覚悟の問題なんだよな。(p158)


・白光の誓い
  自分を愛して、
  他人を愛します。
  やさしさと笑顔を絶やさず、
  人の悪口は決して言いません。
  長所をほめるように努めます。(p62)


・人がしあわせになるために一番大事なことは
 "人相"なんだそうです・・・人相を見るときに
 一番重要なのが、顔のつくりやホクロの位置ではなく、
 その人の顔のツヤなんだそうです(p74)


・そうじは運をよくする、最高の神事だよ(p77)


・商売はね、10年かかるよ(p120)


運
posted with amazlet at 14.01.01
斎藤一人 柴村恵美子
サンマーク出版
売り上げランキング: 11,083

【私の評価】★★★★☆(89点)

■目次

第1章 運とは何か 斎藤一人
第2章 運を拓く 柴村恵美子
第3章 運を引き寄せる 柴村恵美子
第4章 運を受け入れる 柴村恵美子
第5章 運がよくなる覚悟の話 斎藤一人


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む