「日本自立のためのプーチン最強講義」北野 幸伯

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

日本自立のためのプーチン最強講義 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

【私の評価】★★★★★(90点)


■メールマガジン『RPE(ロシア政治経済ジャーナル)』で、

 国際情勢を分かりやすく解説してくれる
 北野さんの新刊本です。


 北野さんがいつも主張している
 日本自立のためのアドバイスを
 プーチンに語ってもらいましょう。


・1 『戦わない』のが一番いい。
 2 それでも戦う羽目になったら、
   仲間をたくさん集めて、相手にあたる
 3 『孤立=破滅』と心得るべし。(p62)


■国家自立の肝は、
 「経済」と「エネルギー」と「食料」です。


 経済対策としては、
 不況・デフレの脱出が必要。


 日銀の異次元緩和はアクセル。
 消費税増税はブレーキ。
 これは、あまり統一感がないですね。


 食料については、自給が基本。


 TPPにおいても、
 食料の自給だけは守っていく必要があります。


 プーチンの助言によれば、
 給食を100%米食にすればいい。


・日本政府は「TTP交渉」で、
 「08年の食料危機時、多くの国が穀物の輸出を制限した」・・
 「食料危機と輸出制限が繰り返される可能性があるかぎり、
 国民の命を守るため、食品関税(特にコメ)の
 完全撤廃はできない」とハッキリいうべきです(p146)


■そして、エネルギーについても、
 日本は、96%を輸入しており、
 非常に脆弱です。


 そうした中での原子力発電所の事故で、
 さらにエネルギーの価格が上昇して
 しまっている。


 メタンハイドレードを含めた
 あらゆる国産エネルギー開発に
 注力する必要があるのでしょう。


 このように、気軽に国際インテリジェンスに
 接することができるのは非常に
 ありがたいことだと思います。


 北野 さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ロシアのメドベージェフが北方領土に、
 韓国の李明博が竹島に、
 香港の活動家が尖閣に、
 いずれも12年7月から8月にむかったのは、
 なにか理由があったはずです(p39)


・第一次世界大戦時、イギリスからの恩を仇で返した日本・・・
 イギリスは、軍事同盟国日本に、「欧州の西部戦線に二個師団の
 陸軍を派兵してくれ!」と何度も要請しました。
 しかし、日本はなんやかんやと断って、
 一兵卒も出さなかったのです(p80)


・日本は戦後、洋食化によって自給率が下がっていった。
 ですから、「再日本食化」することで自給率を上げていく・・・
 給食で毎日お米を食べていれば、卒業後もお米を食べ続ける
 可能性が高くなる(p165)


・日本が「核」を持つとなにが起きるか
 1 エネルギーを止められる・・・
 2 世界中から経済制裁にあう(p314)


・覇権を狙う中国の主要戦略の一つは、
 『日米を分断すること』だ。なぜか?
 アメリカは、日本と中国が国債を買わなくなれば、
 財政破綻する運命にある・・・
 もし、日米をケンカさせ、日本が米国債購入を
 やめるよう誘導できたらどうなる?(p334)


日本自立のためのプーチン最強講義 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら
北野 幸伯
集英社インターナショナル
売り上げランキング: 350

【私の評価】★★★★★(90点)


■目次

プロローグ べドメージェフに解任されたプーチン、日本へ!
第一講義 「孤立」と「自立」のどちらを選ぶか
第二講義 食糧の自立はどうやって成し遂げるか
第三講義 「自立」のためのエネルギー政策とは
第四講義 「経済成長」と「財政再建」をいかに両立させるか
第五講義 「核兵器信仰」は日本にどんな危険をもたらすか
エピローグ プーチン「最後のスピーチ」


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む