「どんなときもくじけない27の言葉」臼井由妃

| このエントリーをはてなブックマークに追加

どんなときもくじけない27の言葉

【私の評価】★★★★★(91点)


■マネーの虎に銀座の女社長として出演していた
 臼井由妃さんの一冊。


 28歳年上の経営者の玉の輿に乗ったとたん、
 いきなり夫は余命1年。


 自らが会社の経営を引き受けることに
 なってしまいました。


 会社に入ってみると、
 社員の横領が発覚。


 会社は倒産寸前です。


・皆さんも悲しい出来事があった時は、
 思う存分、涙を流しましょう。・・・
 わんわん泣いた後に食べるご飯はおいしいですよ。
 「普通にご飯が食べられる幸せに感謝だな」って(p96)


■こうした中で、横領していた部下に
 仕事を教えてもらい、感謝すること。


 商品を開発し、
 お客様に買ってもらうこと。


 社員を味方につけること。


 臼井さんは、課題を一つひとつ
 クリアしていったのです。


 絶体絶命の危機だからこそ、
 急速に学ぶことができたのでしょう。


・虚勢を張って控えていた「わかりません」を素直に伝え、
 相手が教えてくれたら「ありがとう」とお礼をし、
 相手が教えてくれなかったとしても怒るのではなく、
 「どうしてだろう?
」と考えました(p40)


■自分がその立場ならどうであっただろう・・・
 と思いながら読みました。


 笑うのは、臼井社長の会社のヒット商品が、
 男性を元気にするものであること。


 それでも稼いでいるのは
 すごいと思います。


 臼井さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・主人は
 「すみませんやごめんなさいの前に、
 ありがとうと言いなさい
 感謝のプロになると、
 相手との関係がスムーズになるよ」
 と教えてくれました(p42)


・いつも100点を取るのなんて到底無理。・・・
 ぎりぎりになって100点のものを出すよりも、
 7割で仕上げて早く出すほうが、相手の力もあって
 より良いものになっていくわけです(p159)


・自分をほめるのが苦手だった私は、
 「1日に12回褒める」というテーマを立てたことがあります。
 3回は、思いつくまま・・・
 3回は、仕事に関して。
 3回は、家族や周囲の人を。
 3回は、自分を褒める。(p166)


・精神を病んで初めてわかったことがあります。それは
 あるがままに生きる。
 目の前のことを精一杯やれば、結果なんてどうでもいい。
 どう思われてもいい。
 私は私であればいい。(p182)


・「どうしたら成功できますか?」・・・
 私はあなたに
 「成功ではなくて、成長を目指してはどうですか」
 とお返事しました(p56)


・あなたが一番、あなたがどれだけ努力しているかを
 知っています。だから、あなたが、あなた自身を
 いっぱい褒めてあげましょう

 他人から見たらどうかなんて、関係ないのですから(p92)


・「由妃ちゃん、落ちているお金を見つけたら、
 拾ってあげようね。そのままにしておくのはかわいそうだから。
 もし、汚れていたら洗ってあげて、ピカピカに
 磨いてあげようね」母は私にお金を拾うことを教えたかった
 のではなく、お金の尊さを教えたかったのだと思います(p134)


どんなときもくじけない27の言葉
臼井由妃
アスコム (2011-05-06)
売り上げランキング: 856,592

【私の評価】★★★★★(91点)

■目次

第1章 くじけない毎日のために
第2章 本当の成功って
第3章 つい立ち止まりそうになったら
第4章 働く覚悟
第5章 将来が不安になったら
第6章 こんなはずじゃなかった...と思った時に
第7章 本当の幸せって
あとがき 7年越しのありがとう


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)