「日韓併合の真実」崔 基鎬

| このエントリーをはてなブックマークに追加

日韓併合の真実―韓国史家の証言

【私の評価】★★★★☆(82点)


■ここまではっきりと、
 「韓国民は過去の歴史を正しく認識しなければならない」
 と書いた本をはじめて読みました。


 日本統治前の朝鮮は、李氏朝鮮。


 両班(ヤンパン)といわれる高級官僚が、
 賤民(チョンミン)を徹底的に搾取していました。


 地縁、血縁によるグループで
 富を独占していたのです。


・日本では古代から人民は、天皇のもっとも大切な財産という
 意味で、「大御宝(おおみたから)」と呼ばれて大事にされた。
 ・・中国と李氏朝鮮では、人民は搾取する対象でしかなかった(p47)


■こうした李氏朝鮮が生まれたのも、
 原因は、中国の属国として模倣したため。


 小中華として、科挙制度を導入し、
 賄賂も導入しました。


 権力闘争と農民の搾取が続いたのです。


 これでは国家・経済が
 良くなるはずがありません。


中国と同じように、役人と賄賂が一体になっていた
 慕華思想といって、李朝が中国を師と仰いでいたのが、
 不幸なことだった(p38)


■こうした李氏朝鮮が日本、ロシア、清など
 他国に支配されるのは歴史の当然であった。


 結果して、日韓併合となったが、
 李氏朝鮮時代があまりにも悪政であり、
 日本統治で韓国は発展した、


 というのが著者の結論です。


 韓国人から「歴史認識」を求められて、
 こういう結果となると複雑な心境です。


 もう少し、勉強を続けてみます。


 崔(チェ)さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・韓国で英語をはじめとするヨーロッパ語の
 辞書がつくられたのは、日韓併合後のことだった(p28)


・朝鮮人小学校の年間平均学費が一人7円30銭であったのに対し、
 日本人小学校の負担額は平均40円だった。日本の敗戦とともに
 瞬間的に逆上して、「朝鮮人を収奪して経営された学校」と
 罵ったが、これは間違っている。(p256)


・日本軍の高級将校であった、多くの韓国人が創氏改名を
 行わなかった

 もし創氏改名が強制されたものであったとしたら、
 朝鮮半島出身の高級将校こそ、手本を示すためにまず
 名を改めさせられたはずである(p264)


・李朝518年と、朝鮮総督府時代と、1945年以後の南北分断時代の
 三つの時代を比較すれば、このうち、もっとも人命が尊重されて
 人口が増えたのは、朝鮮総督府時代であった。(p265)


・李氏朝鮮は日本のような和の精神を欠き、
 両班たちは強い者が法を枉(ま)げて
 勝手に振る舞っても許され、
 弱い者を抑えつけて、
 弱者から奪うことが当然であると考えた。(p118)


・李氏朝鮮では「道(ド)」を尊んで、
 「器(キ)」を蔑んだために、
 実用的な学問はエリートにふさわしいものとみなされずに、
 見下されていた・・・
 李氏朝鮮は、日本と違って武(ム)を軽んじた(p28)


・自分のことだけを考えて、他人はどうであれ、
 いささかも顧みることがなく、それぞれの欲望だけを
 充たそうとした。他人は死のうが生きようが、
 国が亡ぼうが、興きようが、自分だけが偉くなって、
 豊かになることだけを、第一と考えている
 『血と涙』李人稙(p34)


日韓併合の真実―韓国史家の証言
崔 基鎬
ビジネス社
売り上げランキング: 68,283

【私の評価】★★★★☆(82点)




■目次

第一章 鎖国から開国へ
第二章 大院君VS.閔妃
第三章 溶解しはじめた李氏朝鮮
第四章 露日戦争と李朝終焉
終章 日韓併合が朝鮮民族を救った


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)