「100歳、ずっと必要とされる人」福井福太郎、広野彩子

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

100歳、ずっと必要とされる人 ――現役100歳サラリーマンの幸せな生き方

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■100歳にしてサラリーマンの福井福太郎さんの一冊です。


 福井福太郎さんは、宝くじ販売委託会社で
 顧問として働いています。


 通勤時間は電車を乗り継いで1時間です。


・平日の僕の朝は早いのです。
 朝4時半には起きて、5時には朝食をいただきます。・・・
 僕は朝が早いからね、夜の9時には寝てしまうんだ。(p21)


■100歳ともなると、戦争を経験しています。


 慶応大学を卒業した1936年は大不況で
 生きるだけで精一杯。


 その後、徴兵されて満州と日本を
 行ったり来たりしていました。


 戦争とは殺さなければ殺されるという状況ですから、
 人の精神をおかしくしてしまうという。


 頭を麻痺させないと、
 戦争を執行することはできないのでしょう。


戦争は、怖いよ。戦争をすればね、戦場へ行けば
 人はもう、普通の精神状態じゃなくなってしまうから。
 逆に言えば、そうでないと戦争なんかできないんだと思う。(p70)


■表紙の笑顔には、100歳という経験からくる
 人生を達観した穏やかな福井さんの心が見てとれました。


 私もこうしたおじいさんになりたいものです。


 福井さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・僕が助手になったころから、日本は、
 ものすごい勢いで戦争に突き進んでいったんだ。・・
 当時は、近衛文麿首相が「国民精神総動員」を唱えて・・・
 金品も調べ上げられて、没収されたりした(p65)


・実際、米国に行った人はみんな、国力の差をわかっていた。
 しかし、日本にだけいたえらい人は、
 「神風が吹いて勝つから大丈夫だ」と本気で信じていて、
 僕たちにもはっきり言っていました。(p69)


・まずね、っていうのはね、自分のものじゃない。
 あくまで天から、宇宙から与えられたものなんだ。
 そして死ぬっていうのはね、人間が心をなくすことなんだ。
 心をなくして、体だけしかない「もの」になるんだよ。(p81)


・当たり前のことだけれど、みんながみんな、
 えらくなれるわけじゃないでしょう。
 それはそれで仕方がないですよ。
 運や巡り合わせもあるし、人にはそれぞれ、
 生まれもったというものがあるでしょうからね。(p99)


100歳、ずっと必要とされる人 ――現役100歳サラリーマンの幸せな生き方
福井福太郎 広野彩子
日経BP社
売り上げランキング: 54,217

【私の評価】★★★☆☆(75点)

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

序章 :辻堂から神田まで、僕の毎日。
第1章:昔えらかったとか、えらくなかったとか、どうでもいいことなんです。
第2章:100歳まで働けるなんて、ありがたいよ。
第3章:働き続けるのは、それが本能だからだよ。
第4章:差別も軍隊生活も経験した。でも、不幸だなんて思ったことはないよ。
第5章:死んだら宇宙の一部になれるんじゃないかな。
第6章:人間、人のために生きなきゃ。
第7章:日課は、新聞を読み、辞書を引くこと。長生きの秘訣? そんなものないよ。
第8章:資本主義だって、永遠には続かないよ。
第9章:もう死ぬことなんて、あまり考えなくなったよ。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む