「斎藤一人 発酵力」寺田 啓佐

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

斎藤一人 発酵力 微生物に学んだ人生の知恵

【私の評価】★★★★☆(86点)


■三百年の歴史を持つ酒蔵「寺田本家」。


 ここでは、無農薬、無化学肥料のお米を使って、
 添加物を一切使わない昔ながらのお酒を造っています。


 本物のお酒は二日酔いにならないのですね。


・価格は三倍しますが無農薬の米と麹、そして
 寺田本家が代々いただいてきた神崎神社の清水のみを原料に、
 昔ながらの自然造りの酒を造り始めました(p46)


■良いお酒を造ろうとすると、
 材料費が高いので儲かりません。


 寺田さんはそれでもいい、
 と考えていました。


 しかし、斎藤一人さんと出会って、
 「それはちがうよ」
 と教わりました。


 まず、多くの人に良いお酒を知ってもらおう。
 そのために、小冊子を作ろう


 原価がかかっているんだから、
 値上げさせてもらおう。


 どうせなら、
 日本一の酒蔵を目指そう!
 ということです。


・キリストさんやお釈迦さまは、大欲を持っていた。
 "人類を救う"という大欲をね。
 ようするに、欲はそんなに悪いものじゃない・・・
 神様は、人間に不要なものは付けていないんです。
 欲だって、必要だから付けてくれたの。(p136)


■寺田 啓佐さんは、昨年亡くなられました。


 寺田 啓佐さんを偲ぶ会での斎藤一人さんの
 スピーチがCDでついています。


 日本一の酒職人が、
 日本一の商人と出会って、
 日本一の酒蔵を作りました。


 寺田さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・自分が発酵しだすと、自分自身が明るく輝いてきます
 そして魅力的になって、素敵な仲間が集まってきます・・・
 自分の信じた道を進み、大好きなことをし、
 本当にやりたかったことが見つかります(p118)


・「芽でたいな~ 芽でたいな~ ・・・・」
 仕込み唄がこだまする蔵の中では、
 自然とみんなの心も明るくなり、
 出てくる言葉も楽しいものになっていったのです・・・
 お酒の味が格段に良くなるのです(p52)


・よく、『歯が浮くようなお世辞』って言うけど、
 歯が浮くぐらいではまだまだ。歯が抜けるぐらいが
 ちょうどいい
んだよ(一人)(p69)


斎藤一人 発酵力 微生物に学んだ人生の知恵
寺田 啓佐
PHP研究所
売り上げランキング: 118,456

【私の評価】★★★★☆(86点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

第1章 人を幸せにする"発酵力"とは
第2章 発酵から教わった教訓
第3章 "美化"すれば発酵場が生まれる
第4章 自ら発酵しだす七つのコツ
第5章 大自然と一人さんから学んだ発酵道
第6章 寺田本家について


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む