「七つの会議」池井戸 潤

| このエントリーをはてなブックマークに追加

七つの会議

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■休みということで、
 小説に手を出しました。


 池井戸さんの本は、「オレたちバブル入行組」から
 「空飛ぶタイヤ」「下町ロケット」「鉄の骨」と
 読んできました。


 現場で働く人の心を伝えようとする
 スタイルは同じです。


・僕の商売は小さい。だけど、これはもっと小さい。
 でも、商売ってそもそもくいう小さなところから
 大きくしていくもんだと思うんですよ(p115)


■今回は、コスト削減のために、
 強度の弱いボルトを製品に使ってしまった会社の
 リコール隠しをテーマにしています。


 (池井戸さんの本は、こういうパターン多いな)


 マイナス思考の人、ひたすら厳しい人、
 ゴマをする人、マイウェイな人。


 人それぞれ性格は違うものだし、
 みんな自分の人生を背負っているんだな~
 ということがわかります。


 みんな一生懸命生きているのだ。


・カスタマー室の主要業務は、クレーム処理である。
 部下は、ふたり。二十七歳の使えない男と、
 三十二歳の気の利かない女だ。(p195)


■社会はこういうレベルの高くない人たちで
 動いているのかもしれません。


 それはそうなんだけど、
 小説なんだから、
 もう一歩欲しいような気がしました。


 池井戸さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「子供の頃は船乗りになりたいって思っていたのに」
 毎日窓の外を眺め過ごしているうちに、
 佐野はようやく思い出した。(p202)


七つの会議
七つの会議
posted with amazlet at 13.08.11
池井戸 潤
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 195

【私の評価】★★★☆☆(74点)



この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

第一話 居眠り八角
第二話 ねじ六奮戦記
第三話 コトブキ退社
第四話 経理屋稼業
第五話 社内政治家
第六話 偽ライオン
第七話 御前会議
第八話 最終議案


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)