「住宅営業という修羅場で26年7000軒売った男が教える勝ち残る営業の36の掟」斉藤孝安

| このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅営業という修羅場で26年 7000軒売った男が教える勝ち残る営業の36の掟

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■根性営業の本という雰囲気で、
 実際そうした本でした。


 いかに接客や説明を
 うまくするのか。


 そして人間的魅力を
 どうやって高めるのか。


 営業マンをを育てる・・・
 ということです。


・営業マンに必要なこと。
 それは常にお客様について考えること(p45)


■確かに、最低限、営業マンは
 お客様に嫌われないことが大切です。


 そして、どうせ買うなら
 この人にしたい、と思ってもらうことも
 大切でしょう。


 できれば、
 人間として好きになってもらえるなら、
 それが最高です。


・とにかく自分が担当するお客様の幸せを第一に考え、
 お客様の立場に立ち、丁寧に接客をする。
 その素朴な印象と、実直な姿勢が伝わってか、
 彼に心を開かないお客はいない(p186)


■いかにも日本的であり、
 実際、日本ではそうなのかもしれません。


 「技を究める」といった風の
 一冊でした。


 斉藤さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・お客様の要望を否定することなく受け入れ、
 それをふまえて「しかし・・」と現実的要素を
 納得してもらう。商談の際は、
 常にそのスタンスを心がけてほしい。(p154)


・スーツには裏地に刺繍で名前が記されていたが、
 その名前がお客様の名前だったそうだ。・・・
 「この契約できた喜びを、購入していただけた○○様を、
 一生忘れないために、このスーツを買わせていただきました」。
 そのスーツの刺繍を見て、契約したご主人は涙を流し始め、
 奥様は目にいっぱいの涙をためながら、
 何度もうなずいたという(p89)


住宅営業という修羅場で26年 7000軒売った男が教える勝ち残る営業の36の掟
斉藤孝安
サンクチュアリ出版
売り上げランキング: 16,703

【私の評価】★★☆☆☆(68点)



この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

実践編
 第1章 君はなぜ契約できないのか
 第2章 君はなぜお客様にもう一度会えないのか
 第3章 君はなぜチャンスを生み出せないのか
 第4章 本当のゴールを勘違いしていないか
基礎編
 第5章 君はなぜニーズを引き出せないのか
 第6章 なぜ商談が行き詰まるのか
 第7章 君はなぜお客様に納得してもらえないのか
成長編
 第8章 君はなぜ成長を止めてしまうのか
 第9章 君はなぜ仕事を楽しまないのか


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)