「寝てても儲かる!「兼業」大家さん入門」藤山 勇司

| このエントリーをはてなブックマークに追加

寝てても儲かる! 「兼業」大家さん入門

【私の評価】★★★★★(93点)


■「マイホームは買うな! ?買うなら
 「お金を稼いでくれる物件」を選びなさい!
」藤山 勇司

 に好印象を持ったので、購入した一冊です。


 こちらの本は、実際に大家さんになるまでの、
 実務の説明が中心になっています。


 物語形式というのがいいですね。


・貸家業の成功のポイントは、よい物件を
 どれだけ安く購入するかです。(p54)


■住宅ローンで自宅を購入するのではなく、
 競売物件を購入して、リフォームして転売、
 または、賃貸に出す。


 そこから得られた利益で必要であれば、
 自宅を購入すればいい、ということです。


 まず、借りる側になるのではなく、
 まず、貸す側になれ!
 ということですね。


 金持ち父さん、貧乏父さんが
 頭に浮かびました。


競売不動産を自己資金で獲得されれば、
 担保価値が十二分にあり、取得した競売不動産を
 担保に入れて、小規模の競売不動産を落札し、
 転売して利益を確保することも可能です(p175)


■細かい手続きの流れまで解説してあり、
 好印象でした。


 いずれにしろ大家さんになるということは、 
 起業するようなもの。


 物件を選ぶ目や、物件を「引き継がせていただく
 という心構えを含めて、
 経営者的な考え方も求められると感じました。


 大家さんはそんなに甘くないと思いますが、
 親切で興味を引く一冊になっていると思います。


 藤山さん、
 良い本をありがとうございました。


-----------------------------------------------------------------


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


貸家は数値、自宅は感情で選ぶ。・・・
 貸家業を成功させるためには、
 貸家に感情を持ち込んではならない・・(p50)


・競売物件で問題となるのは放置されたクルマや物置などです。
 こうした動産がある場合は、勝手に処分するわけにはいきません。
 引渡し命令、執行文付与、催告、強制執行、その後、
 動産のせり売りを経て、動産の初級権を入手した後に
 処分することが可能になります(p128)


・転売に執着すると、一般の不動産業者と変わりありません。
 事実、たび重なる転売は宅建業違反となります・・・
 それに転売は精神衛生上あまり好ましくありません
 売れるのか売れないのか。・・本業にさし障りが出てしまう(p139)


寝てても儲かる! 「兼業」大家さん入門
藤山 勇司
実業之日本社
売り上げランキング: 212,012

【私の評価】★★★★★(93点)

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

第1章 マイホーム希望から「アパマン経営」へ
マンション購入からアパマン経営に発想を転換する

第2章 アパマン経営の「とびら」を開く
不動産専門用語の習得と競売手続きの確認をする

第3章 「競売不動産」にチャレンジする
地方の競売戸建物件の落札と占有解除の手続きをする

第4章 アパマン経営に本腰を入れる
リフォームと入居者募集で「アパマン経営」に乗り出す

第5章 「メインバンク」の選定と「セミナー」への参加を経験する
転売により自己資金を拡大するとともに、セミナーへ参加する

第6章 安心できる「拡大路線」をさぐる
地方の一棟物マンション購入を検討しながら、安心できる拡大路線をさぐる

第7章 「震災」に負けないアパマン経営を目指す
メインバンクを確保し、特別売却によって都内鉄筋造アパートを落札する


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)