「一生食べていくのに困らない「人を味方にする」仕事術」横山 信治

| コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加

一生食べていくのに困らない「人を味方にする」仕事術

【私の評価】★★★★☆(82点)


■住宅ローンのSBIモーゲージを立ち上げ、
 現在取締役執行役員常務の横山さんの一冊です。

 (取締役執行役員常務ってなんだか不思議な肩書き)


 サラリーマン30年の経験から、
 部下として楽しく仕事をして
 出世する秘訣を教えてもらいましょう。


 それは、人に喜んでもらうために、
 仕事をすることです。


・人に喜んでもらう工夫をすると
 仕事が好きになる(p16)


■では、具体的にどうするかといえば、
 素直に人の話を聞く。


 言われたことを正しく理解し、
 言われたことを正しく実行する。


 全体最適を考える。


 当たり前のことですね。


・人を味方にするために必要なのは、・・・
  ・上司の言葉に耳を貸す素直さ
  ・上司や同僚の要望を察する力
  ・・・・皆のプラスになることを考えられる思いやり力
  ・選択する勇気
  ・選択したことを、行動する意思(p14)


■サラリーマンの心得としては、
 レベルが高いと思いました。


 サラリーマンは組織で仕事をしますから、
 個人の効率も大切ですが、
 組織の一員としての考え方も必要なのだと思います。


 横山さん、
 良い本をありがとうございました。


-----------------------------------------------------------------


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・人の役に立つ→やりがいが生まれる
 →仕事が楽しくなる(p38)


今日の自分は、過去の行動の結果です。・・・
 今のあなたは、過去の行動の「総決算」です。(p175)


・職場で活躍するために、重要なキーワードがあります。
 「感謝」と「謙虚」と「自信」です。(p89)


・人間は目標を紙に書き、念じると、
 目標を実現しようと努力します(p28)


・「絶対に失敗しないとわかっていたら、
  何をするだろう」(p103)


一生食べていくのに困らない「人を味方にする」仕事術
横山 信治
ぱる出版
売り上げランキング: 42,764

【私の評価】★★★★☆(82点)

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

第1章 サラリーマンを30年やってわかった「人を味方にする人」がしていること
第2章 自分が変わる瞬間~人はどうやったら変われるのか
第3章 【実践!】思い切って上司に気に入られてステージを変えよう!
第4章 途中で挫折しない高い目標の持ち方
第5章 逃げの転職はやめておこう!
第6章 生き方が楽になる考え方


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(1)

会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。
わかりやすく、自分のためになる本であった。
また、他の人にも勧めたい。

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む